1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

「億万長者」にこそ学べる!貯金を増やす考え方

大富豪は、お金を貯めることもとっても上手かった。

更新日: 2016年08月30日

ぱれるもさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
509 お気に入り 92033 view
お気に入り追加

ゆっくりお金持ちになる方が簡単

“ゆっくりとお金持ちになる”とは、「長い期間をかけて貯金を続ける」「できるかぎり早めに貯金をはじめる」という意味

早い時期に貯金を習慣にしてしまうと、一生身につく。それは、後の人生で数えきれないほどの不愉快な状況を回避するのに役立つ

「お金を使った後で、残った分を貯金するのではない。貯金したあとで、残った分を使うのだ」

「5年後までに300万円貯めたいなら、1カ月に1万円程度の貯金ではとても追かない。目標金額から逆算し、1カ月の貯金額を割り出す」

意外とシンプルでした。

子どもの頃から、貯めるクセをつけておく

できるだけ子どもの頃から、貯めるクセをつけておきなさいとアドバイス。

生まれてすぐにブタの貯金箱を与え、ベッドメーキングなどの仕事をするたびにお金を渡し、貯金するように教育している

「一番の投資対象は娘。多くのお金を残すのではなく、自力で人生を切り開ける女性に育てられたら、自分はすべてを失っても構わない」

アメリカ富豪たちの80%は、「親はしつけが厳しかったが、自分の才能や関心事を追求することを後押ししてくれた」と回答

儲ける仕組み作りのために、貯めなさい

20代の頃は毎月5万円、30代では毎月10万円、40代からは毎月15万円の貯金を続けた

「若いうちに商売の資金を溜めることだね。資金は雪ダルマの芯のようなものでね。芯がないと雪ダルマはできないんですよ」

小さな商売で成功することは新しい学びであり、やがて長期の投資計画もできるようになる。そして長期的にお金に苦労しなくなる

「5万円は貯金しよう。貯めていつか起業資金にするのだ。貯めたお金を使って小さな事業をやってみればいい」

または、貯蓄するための収入源を作る

幼少時からアルバイトを掛け持ちして、一つの仕事で得たお金だけで生活し、もう一方の仕事で得たお金は、全て貯金

大富豪たちのうち65%は、億万長者の仲間入りをするために、少なくとも3つの継続して収入が得られる仕組みを構築した

「給料以外」からの資金づくりを目指せってことか。。

若いうちは、貯めずに使え

かつかつの時も今と変わらない。お金は血液だから回っているとみんなが幸せになる。それを貯め込んでしまったら経済が回らない

自己投資なんて気負わず、役に立たなくても自分に面白いことに使うのが一番幸せ。自分が面白ければ、趣味や勉強でもなんでもいい

「お金は自分が使う分だけ。それ以上はほかの人に輸血(=寄附や人に貸すなど)すれば、困った時にあとで誰かが返してくれるかも」

すべての収入の1/4を貯金しなさい

1 2





ぱれるもさん

好奇心旺盛ってよく言われます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう