1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ヨレヨレでも手放さない...女優たちの「愛用品」は思い出がいっぱい

思い出がいっぱい詰まっているから・・・綾瀬はるか、北川景子、有村架純、剛力彩芽など女優たちが長年「愛用」しているモノとは?

更新日: 2016年08月30日

72 お気に入り 246697 view
お気に入り追加

■綾瀬はるかさんが10年愛用しているパジャマの存在を明かした

女優綾瀬はるか(31)が29日、都内で行われたブリヂストン新CM発表会に出席した。

また、同製品の特長に関連して、長く使っている物を聞かれると、「10年間愛用しているパジャマがあります。洗濯を繰り返しているので生地もヨレヨレですが、そこがまた肌ざわりが良くて」と話した。

さらに綾瀬はそのパジャマを初めて手にしたのは「10代に病気の役をやった時にいただきました」と思い出がつまったものであることを明かし

10代の頃から使っているので、胸元にある猫のパッチワークが洗濯して耳が折れてただの丸になってる」と笑いながら明かしていた。

・それには「セカチュウ」での思い出がつまっていた

綾瀬は2004年にTBS系ドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」で白血病のヒロイン・亜紀を演じている。

すでに売れっ子だった石原は、ほかの仕事に支障が出ると断ったといわれてる。そのためテレビ局は急きょオーディションを実施。事務所の後輩で当時グラビアがメインだった綾瀬が選ばれた。

綾瀬本人には“坊主にならなくてもいい”と、当時の担当マネージャーは説明したという。

“実は、坊主になるのが引き受けた条件だった”とマネージャーから説明を受けた綾瀬さんはかなり落ち込んだ

綾瀬は自らの意思で髪の毛を剃り、スキンヘッドになった。全身全霊で挑んだ役だった。

病気でやせていく役作りのために夕飯をゆで卵だけにして、ダイエットしたんだ。この子の根性はこのころから本当にすごかった!!

▼ほかにも女優たちが過去に長年の愛用品を語っていた

■北川景子さんは高校の思い出「ジャージ」

明治大学出身で実はかなりの勉強家。子供の頃から医師を目指して勉強していて、高校生でデビューした後も仕事と勉強を両立して入試を突破したという経験があります。

豚骨ラーメンが好物で実は大食いであることや、部屋着は高校時代のジャージを愛用していることを明かし「意外と庶民的」という声も上がっていた

北川景子も高校のときのジャージとか着るんだ(笑)

昨日TVで北川景子の部屋着が高校の体操服&ジャージだって言ってたけど、おれの部屋着も高校のジャージなんだぜ。…この違いはなんだろう…。

このズボン、、、うちらの代の学院ジャージぢゃん笑 ってめっちゃ思った! しかし北川景子がはけばあのジャージもおしゃれにみえるのか pic.twitter.com/ga3WOHuY6A

ちなみに、このジャージ姿は高等時代のモノかは不明

■有村架純さんは家族との思い出「抱きまくら」

有村架純(本名:架澄)さんは、兵庫県伊丹市出身。ご家族はご両親と3歳年上のお姉さんが一人の4人家族です。

ところが、有村架純さんが中学生の時に両親が離婚。有村架純(本名:架澄)さんと姉は母親に引き取られましたが、その生活は決して楽な生活ではなかった

子供時代から大切にしているものって有るのだろうか?有村は照れながら「抱き枕です」と答えてくれた。

「小4くらいの時に買ってもらったイヌの抱きまくらがあって。それを実家から持ってきてずっといっしょに居ます。私、横に何かがないと寝れないんです。挟まってないとダメで、もう1個、クマもあります」

■剛力彩芽さんの「ぬいぐるみ」

1 2





何故だろうさん

イケメンと美女を中心に、お役に立つ雑学と疑問に思っている事をまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう