1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

木村派?真相を知ってる?さんまのSMAP解散暴露話に批判殺到

2016年8月に解散を発表をしたSMAP。その波紋は芸能界にも及んでいますが、中でもメンバーと親交の深かった明石家さんまさんは、解散直後からいろいろとコメントしています。が、そのさんまさん、暴露話と言えるような発言も多く、中には批判が寄せられるコメントも。さんまさんとSMAP解散をまとめました。

更新日: 2016年08月30日

monet333さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
36 お気に入り 279852 view
お気に入り追加

・2016年8月に解散を発表をしたSMAP

同事務所は「今後の活動につきまして、メンバーと協議を重ねた結果をご報告させて頂きます」と前置きしてから、「デビューより25年間アーティストとしてグループ活動をして参りましたSMAPは2016年12月31日を持ちまして解散させていただくことになりました」と報告

SMAPは1月に分裂・解散騒動が浮上。その際は“育ての親”にあたる女性チーフマネジャーの飯島三智氏が責任をとる形で事務所を退社。メンバーは「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)に生出演して騒動を謝罪し、グループとしての活動継続を報告していた

しかし、今年1月の解散騒動を受け、2月から事務所がメンバーと話し合う中で、「今の状況ではグループ活動を続けることは難しい」とメンバー数人から申し出があり、協議を重ねたが、グループ活動続行は困難との結論に達したという

メンバーの中居正広(43)、木村拓哉(43)、稲垣吾郎(42)、草なぎ剛(42)、香取慎吾(39)の5人の所属事務所は変更なく、今後はそれぞれの「個人活動に精進する」としている

・その波紋は芸能界にも及んでいるが

芸能界でも波紋が広がる解散報道の余波

深夜に突然駆け巡ったSMAP解散報道。衝撃の発表に芸能界にも激震が走り、多くの芸能人がブログやツイッターでSMAPへの思いを綴った

国民的グループの解散に、ファンのみならず多くの人々が驚きと悲しみの声を寄せており、ミュージシャンや著名人の間でもSMAPの解散について悲痛な想いが多数寄せられている

・中でもメンバーと親交の深かった明石家さんまさんは、解散前後からいろいろとコメントしている

メンバーと親交の深いさんまさんは、解散についていろいろと発言をしている

これまで、ラジオやテレビ番組で解散騒動について積極的に語ってきたのはメンバーの親交の深い明石家さんまさん(61)

さんまといえば、1995年スタートの年末特番「さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル」(日本テレビ系)でSMAPと長年共演している

中居正広とは2000年からフジテレビ系『FNS27時間テレビ』内の「さんま・中居の今夜も眠れない」、木村拓哉とは2003年から同局系正月特番『さんタク』で長年タッグを組んできた関係

さんまといえばかねてよりSMAPと交流が深く、リーダーの中居やキムタクとも仲が良いことで知られている

・1月の解散・分裂騒動時は、騒動を知っていたとするさんまさん

騒動が明るみに出た2016年1月から、解散のうわさを知っていたというさんまさん

1月16日、関西ローカルのラジオ番組で、表面化する以前から騒動を知っていたことを明かしたさんまは、メンバーとテレビ共演した昨年末を振り返り、「やりにくかった。この2カ月間、僕も振り回された」とボヤキ節

1月13日に一部スポーツ紙の報道でSMAPの解散危機が明るみになると、同16日放送のラジオ『ヤングタウン土曜日』で、昨年末の『さんま&SMAP』について「とんでもなくやりにくかった」「本人たちは一生懸命やってんねんけどね、空気が……」などと、ぶっちゃけトーク。さらには年末に偶然、メリー喜多川副社長と飲食店で会い、食事をご馳走になったことも明かす

さんまはほかにも、関西ローカルの『痛快!明石家電視台』(MBS、2月1日放送)で『9月くらいやったんかな?そういう(独立・解散の)ウワサがあって、どうのこうの言うて聞かされて。「でも発表はいつになるかわかりません」って』と、騒動に言及

当時は、分裂騒動にあったSMAPについて2カ月ほど前から事情を知っていたことを明かしたうえで「マネジャーと事務所双方正しい」と持論を展開していた

・その後、解散発表を受けては理解を示すコメント

さんまは、解散発表後の8月20日、パーソナリティーを務めるMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」に出演し、年末解散を決めたSMAPの決断について「個人的にはこれでいいと思う」と賛同

さんまが解散発表後この件で口を開くのは初めて「個人的にはこれでいいと思う。ファンのみなさんは寂しいと思うけど、あのままの状態でSMAPを続けてても意味はなかったと思う」とコメント

「ファンの皆さんは解散は寂しいと思いますけど、あのままの状態では、SMAPを続けても意味がなかった」と、現状でのメンバーの関係性を踏まえて、ベターな選択だという認識を示した

さんまはメンバーと親交があり、気持ちを把握、想像もできていたようで、この日のラジオでは「気持ちってのは、あれですから。これからは個々に頑張って欲しい」と、グループ継続は厳しい状況だったと、メンバーの気持ちを代弁していた

1 2 3





monet333さん

気になったことをいろいろまとめてます。よろしくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう