1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

みんな困惑。。リレー銀メダルのバトンがオークションに出品

リレーの銀メダル。記念のバトンがオークションに。でも本物はどうなんでしょうかね…。

更新日: 2016年09月18日

pinkswan999さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
12 お気に入り 81447 view
お気に入り追加

リオ五輪 陸上リレー銀メダル獲得の日本チーム

山県亮太、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥の4人が組んでジャマイカに次ぐ2位。

えええ。。記念すべき銀メダルのバトンがオークションに!

ブラジル現地時間8月22日(月)に幕を閉じたリオデジャネイロオリンピック。その熱も冷めやらぬ中、オリンピックゆかりの品々を対象としたオークションが始まっている。

銀メダルを獲得した日本が使用した緑色のバトンが、29日までにリオ五輪のインターネット公式オークションに出品されている。

なんとリオ五輪公式サイトでのオンラインオークションにかけられていることが判明した。

8月22日から開始され、締め切りは9月8日。

山縣亮太、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥の各選手が見事なバトンパスを見せて銀メダルを獲得した、陸上400mリレー決勝で使われたグリーンのバトンも出品されている。

ボルトと走った記念のバトンでもありますね。

国内での展示も考えられていたのに…。残念です。

2008年北京五輪の銅を上回る史上初の銀メダルを獲得。関係者の間では、記念のバトンを日本国内で展示することを希望する声も上がっていた。

日本の陸上トラック競技の歴史を塗り替えたバトンを記念に残すため譲渡を打診。その記念バトンを新国立競技場に展示する、しない、など日本のメディアの話題になっていた

展示されるといいのですが。

ところが…日本に持ち帰っているようです。なぜ?

一方で、緑色のバトンは24日に日本選手団が帰国した際に、チャーター機でともに“帰国”している。

決勝で日本が走ったレーンを示す「5」のナンバー入りだ。9月8日の締め切りまでは誰でも落札が可能。見掛けは同じだが、本当に使用したのはどちら?

写真で確認しても、間違いなく決勝で選手が握っていたもの。大会側はバトンはセットで準備するもの。

出展されているのはその中の1本ではないか…。予備?

オークションにはリオ五輪に関係するアイテムが多数あり!

同サイトでは大会組織委員会から提供された球技の使用球やボクシングのグローブなどの用具、聖火リレーで使用されたトーチを出品。収益は大会運営費に充てられる。

オークションの売り上げは慈善事業に寄与するなどではなく、大会運営費に補填されるそうです。

ロンドン五輪金メダリストで同2位のアンディ・マリー(29)=英国=に1-6、4-6のセットカウント0-2で敗れた。

マレーには負けましたが銅メダルを獲得。

記念のバトンなのに。みんなも困惑してる

1 2





pinkswan999さん

ストリートファッション&アレンジを中心に紹介しています♪素敵なアクセサリーやファッションアイテムもすこしづつですがアップしますね♪。お気に入り登録していだければ、励みになります。よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう