1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

政府が見直す「生活のルール」が激変しそう

なんとか、今よりいい感じに見直してもらいたい。

更新日: 2016年09月01日

tea_heartさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
203 お気に入り 364822 view
お気に入り追加

来年の課税ルールが、今年中に決められる

経済産業省が、普通車の持ち主が毎年支払う自動車税について抜本的な負担軽減を求める

来年の4月から、自動車税が大きく変わる。

「環境性能割税率」はエコカー減税よりも税率が低く、軽減といわれるが、車種によりエコカー減税の今の取得税よりも税額が増える

新しい自動車税だと、エコカー減税あった方が得する人もいるみたい。

ビール系の飲料にかかる酒税の見直しを検討する。350ミリリットル当たりの税額を数年かけて55円に統一する案

この案だと、350ml缶1本あたり「ビール」は22円の値下げ、「発泡酒」は8円の値上げ、「第3のビール」は27円の値上げになる

安いビールは、無くなってしまうんだろうか。

動き出した働く環境の改善

残業時間の上限を「月45時間まで、年間360時間まで」など基準があるが、法律ではきちんと決めていない

労使の合意があれば上限なく時間外労働が認められる「36協定」の在り方を見直すための検討会を来月から設ける

残業時間の上限規制を、法律で導入するか話し合うんだって。

経済産業省は2017年度の税制改正で、賃上げした企業への法人税の減税を中小企業に限って2倍にすることを求める

正社員と非正規雇用との待遇格差を縮小する「同一労働同一賃金」のため、都道府県ごとに相談窓口を新設

経済産業大臣が、大手企業で定着している新卒一括採用について「見直すよう促す」との見解を発表

会社で働く女性を、支援していく

専業主婦や年収103万円以下のパート主婦のいる世帯の所得税を軽くする「配偶者控除」を見直す方針

共働き家庭にも利益が及ぶ「夫婦控除」の導入を検討

共働き夫婦にかかる負担を、軽くする方針。

「夫婦控除」は、夫婦の合計所得に税制上の優遇を設ける制度。妻の収入を低く抑えなくとも控除が受けられる

配偶者控除見直し検討 ここだけ変えても何も変わらん。私は専業主婦だけど、必要があれば外で働くことは夫にも話してるし、だいたい「専業主婦が働いてない」って意見はどこの時代錯誤男が言ってんの? 子育てしながらフルタイムで働いて家事もこなすなら男いらないよ。

これって、パートしてる専業主婦への増税じゃないの?と反対意見も。

働きながら、子育てしやすい環境も整える

待機児童の解消に向け、厚生労働省は、生まれた直後に保育園を予約できる、「入園予約制」を導入する方針

育児休業を終えたあと保育所に入れるよう事前に予約ができるよう自治体を国が支援する

毎月の収入増につながるよう、賞与ではなく、基本給引き上げを実施する事業者に予算を重点的に配分することを目指す

どのくらい増えるのかな。

保育園の入園予約、そもそも保育園が足りないのに、どういうこと何だろう?

保育園も、増えてくれるといいんだけど。

1 2





tea_heartさん

紅茶厨です´◡`

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう