1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

なにコレ?…ベッドに見えないけどオシャレで機能的な「ベッド」たち

この夏(2016)も暑い日が続いて寝苦しい夜も多いですが、快眠できそうなベッドを調べていたら、ちょっと見た目が変わった、それでいてリラックスもできそうなオシャレなベッドがいくつかありましたのでまとめました。個人的にはどれも欲しくなりました。

更新日: 2016年08月31日

236 お気に入り 108193 view
お気に入り追加

その浮遊感で体も心もリラックスさせてくれるベッド

高さはややありますが、通常のベットサイズとのこと。

スパブランドStarpoolよりZerobody Bedが登場。

脳の健康を科学する調査機関「Neocogita」とイタリアンデザイナーのChristiano Mino氏の協力で完成させたようです。

たとえば、ハードな出張の合間に空港のラウンジで手足を伸ばしてのんびりしたい。こんな場面でゼッタイ役立ちそうなウォーターベッドだ。

重力という感覚を遮断させることで、リラックスさせるそうです。

同じ理屈ならアイソレーションタンクというものも世の中にはありますが、それとはまた違うとか。

横になると、身体が程よく沈み、水に優しく抱かれながら水面を漂っているかのような極上の浮遊感を味わえます。

高濃度のエプソムソルトの塩水が体をプカプカ浮かせてくれるアイソレーションタンクと違い、Zerobody Bedは服を着たまま浮かぶことができる。

大きすぎるアイソレーションタンクと違い、こちらは普通のベッドサイズですので、家やオフィスにも置けそうです。

付属のリモコン操作で、ウォーターベッドの水色を変えられ、水温調整も可能に。

また、スマートフォン用のドックが内蔵されていて、専用のリラクゼーションアプリで極上の時を過ごすことも、好みの音楽を聴くことも可能。

アプリでは、「リラックス」「冷静」「安定」「活気」「クリエイティビティ」「明快」と、6つの目的に応じて音声ガイダンスを選べる。

このウォーターベッド欲しい 究極の浮遊感!「体と頭の疲れ」を同時にほぐすウォーターベッドが登場 tabi-labo.com/260623/zerobod… @tabilabo_newsさんから

室内で車中泊できるワーゲンバスなベッド

見た目はそのまんまフォルクスワーゲンのバスです。

ワーゲンバスは、生産が終了した今でも多くのファンがいる人気車。「BUN VAN」は、その根強い人気のデザインを踏襲したベッド。

外側はクロームメッキとグラスファイバーで作られ、 内部はブラジルシタンのベニヤで作られています。

雨への耐久性もバッチリとのこと。

ちなみに値段は39,000ユーロ。日本円にして、約440万円です。
中古のワーゲンバス(実車)を買える高さです。

写真で見ると小さそうにも見えますが、幅4m、奥行き1.85m、高さ2.2mと普通にワーゲンバス1台分の大きさですので、日本の普通の部屋のサイズでは置けなそうですね(笑)

大きめのガレージがあれば、そこに置けそうです。

あるいは宿を経営されている方は、このベッドを導入すれば、VWバスファンの方が泊まりにくるようになるかもしれません。

僕ならラップトップやゲーム機、ポータブルプロジェクターなんかを持ち込んで、秘密基地化しますね、確実に。

チンパンジーが作るをベッドを参考にしたゆりかごのようなベッド

すごいネーミングです。
形も変わっていますが、ベッドです。

チンパンジーのベッドにヒントを得て究極の快適睡眠を目指した「人類進化ベッド」を、京都大や寝具メーカーのグループが開発した。

京都大と寝具メーカーの「イワタ」が開発しました。

1 2





blueblueluckyさん

好きなこと(動物、映画、その他エンタメ)、気になるニュース(地方・マイナー含む)を中心にまとめます。
まじめにゆっくり更新していきます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう