1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

早くなんとかして…世界最低だった日本のタバコ事情

全然知らなかった(゚д゚|||)

更新日: 2016年08月31日

zawawa23さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
128 お気に入り 325195 view
お気に入り追加

日本のタバコ対策、やばすぎ。。

「日本のレストランで、お酒を飲みながらタバコが吸えるなんて、夢にも思わなかった。英国じゃ、建物から出ないといけないし…」

喫煙に寛大でカルチャーショックを受けた方も。。

さらに、タバコの自販機が至る所にあるのも驚きらしく、、

「いやー、日本に行って驚いたのはコンビニなどでも簡単にタバコが買えるし、しかも安い。」と驚きを隠さない

実は対策がかなり遅れている日本

WHOは、日本の受動喫煙に関する取り組みは、世界で最低レベルだと指摘

WHOの「たばこ規制枠組条約」で求められている内容と比較すると、まだ十分でない点が多く、今後さらなる取り組みが必要だという

最近、受動喫煙の健康リスクも発覚…

31日、受動喫煙によって肺がんのリスクがおよそ1.3倍高まることが、日本人のデータとしては初めて確認された

しかも、肺がんだけでなく、心筋梗塞や脳卒中、小児ぜんそくなどと因果関係が十分あり、最もリスクの高い「レベル1」と判定

厚生労働省の研究班の調査によれば、受動喫煙が原因で年間約1万5000人が死亡しているという

死亡者数、多っ。。

しかし、規制へのハードルは高い。。

規制がすすんでいない理由には、たばこ農家の組合など、たばこ業界の反対もある

路上喫煙を禁止する自治体も多く、屋内を全面禁煙とすると、外も中も吸えなくなるため、屋内の全面禁煙は簡単に踏み切れないという

たばこ税による税収は近年減少傾向にあるものの、毎年約2兆円の税収があり、国はお金が必要なので、タバコを吸うなと言えないのだ

全面禁煙か分煙か…今後どうなる?

国立がん研究センターは、癌を予防するためのガイドラインで、他人のたばこの煙を「できるだけ避ける」から「避ける」にあらためた

専門家は「社会の仕組みとして法律で規制すべき。日本でも公共の場と職場での屋内喫煙を全面的に禁止する法律が必要だ」とコメント

1 2





zawawa23さん

気になったことをまとめて行きます。どうぞよろしくお願いします♪

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう