1. まとめトップ
  2. 雑学

おもしろーwアノ職業が使う「隠語」の意味

こんなこと言われてたんだ~

更新日: 2016年09月03日

AKAIRO09さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
461 お気に入り 679107 view
お気に入り追加

仕事には様々な「隠語」があります

サービス業の場合、お客さんには聞かせたくない言葉などを隠すために、特有の隠語や専門用語がよく使われます

逝去を示す「ステる」、はドイツ語で「死亡する」のsterben(ステルベン)が語源ですが、「捨てる」に聞こえます

「○○号室の△さん、昨日ステったよ」なんて使われるそう

「心不全になる」という意味。デコるというとデコレーションのほうを想像してしまいますが、decompensation(代償不全)の略です

プシコとは、ちょっと訴えや行動がおかしい患者さんのことを言います。プシコロギーの略で、精神科の患者さんを意味するのですが、もちろん精神科以外でも頻繁によく使用されています

*もちろん、患者さんの前では使いません!!

他にも、お寿司屋さんでは…

カウンターでは古いネタを「兄」、新しいネタを「弟」と言って「兄」の方のネタから使うのが普通です。皆様もすし屋に行った時に「兄」を食べさせられない様に気をつけてくださいね

アワビのことを「片想い」と呼んだり。「片想い」は、片思いをしゃれていうときに古くから使われてきた“磯の鮑(あわび)の片思い”ということわざに由来するそうです

タクシーの運転手さんも使ってます

この場合の「大きな忘れ物」とは、何とタクシーで逃走した容疑者を指す隠語。警察からの協力要請が無線で流される場合に使われる

「持ち主は、小太りのお客様で~」という風に伝えられるそう

「オバケ」や「幽霊」という状態は会社や地域によって違うようですが、基本的にはいいお客さんのことで、遠距離だったり高速を使ったりと高額になる場合です。めったに出会わないという意味で「幽霊」といわれます

お客さんが乗っているときは使いませんが、他のタクシー無線から「幽霊に会って○時まで戻れません」と聞こえるかも?

デパートに買い物に行って

デパートや百貨店業界では「川中様」と言ったら【万引き客】という隠語だそうです。「買わなかった」という事から由来してるとの事

お金を払っていなくても、店を出るまでは万引き犯と決め付けることができないので「川中様が△△売り場に行きました」というように、スタッフ同士でやり取りをしながら尾行する

朝から雨が降っていたわけではなく、さっき降ってきたばっかりなのに、一日中ビルの中にいる販売員は、なぜ雨が降ってきたことがわかったのでしょうか

デパートや大きな商業ビルでは、雨が降り始めるとBGMとして特定の音楽が流れ、それが館内のスタッフに「雨が降り始めましたよ」というメッセージを伝える

実際に雨が降り出すと、例えば西武池袋本店ではBGMが『雨に唄えば』に変わる。すると店内にいても雨が降ってきたかが分かる

他のデパートでは、『シェルブールの雨傘』や『雨に濡れても』が使用されているようです

変な想像しないでよ~!

1 2





AKAIRO09さん

おもしろいことと本当のことをまとめます



  • 話題の動画をまとめよう