1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

五輪のワイロはうやむやに…世間も忘れ去ったニュースの結末

続々と続報が入っていました

更新日: 2016年09月04日

アクチ眼さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
24 お気に入り 95379 view
お気に入り追加

【五輪招致の不正疑惑】しれっと結論を発表…!

2020年東京五輪の招致活動を巡る不正送金疑惑で、JOCの調査チームが「違法性はなかった」とする報告書を発表

招致委員会の理事長や「電通」の関係者など34人への聞き取りや、パソコンなどを調べたりしたが、贈賄を裏付けるものはなく「契約に違法性はなかった」と結論づけた

調査報告書では2億円余の使い道が不明なままで、「日本側の関係者には贈賄の認識がない」と結論付けた

肝心のコンサルタント会社の代表やディアク氏側には接触できていない中での結末に

※ディアク氏とは、国際陸連の前会長で、今回のワイロ疑惑で五輪招致に尽力したといわれている

【バングラテロ】首謀者をついに発見。そして…

8月27日、事件を計画した「首謀者」とみて行方を捜査していた、カナダ国籍も持つバングラデシュ人の男を銃撃戦の末に殺害した

警察は、過激派組織JMBから分派した「新JMB」による犯行とみて、指導者である容疑者の行方を追っていた

テロ当日は、実行犯5人を送り出していたとされる

まだまだ事件の幕引きには遠いものの、ひとまずの事件終結に向かっている

新JMBはISを支持しており、バングラデシュ国内で外国人や宗教少数派に対する襲撃テロを繰り返していたと見られる

一方で、この組織がISのバングラデシュ支部を名乗って活動しているとも伝えらている

【相模原事件】「何人刺したか分からず」

さらに、「重複障害者を狙った」と一貫して供述。「何人刺したか分からない」との趣旨の話もしているという

厚生労働省は、9月の臨時国会で福祉施設の防犯対策を強化するための補助金を盛り込むことを決定

非常通報装置や防犯カメラ、塀などの設置が想定されている

全国の精神科医が強制入院などの判断を行う「精神保健指定医」の資格を不正取得していた疑いのあることが、厚生労働省の調査で発覚

これには、相模原市の殺傷事件で逮捕された容疑者の強制入院措置に関わった医師も含まれているという

まだまだ事件の影響は出てきそう

【軽井沢バス事故】あれから半年、再発防止へ

【もともとは・・・】
バス事故を巡って、低価格競争が進む中、安全対策を怠っていることが問題視されていた

国土交通省は30日、軽井沢町のバス転落事故を受けた再発防止策として、貸し切りバス事業者が適正な運賃を確保するための対策を発表

国土交通省のHPに、貸切バスの運賃・料金に関する「通報窓口」を設置した

1 2





アクチ眼さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう