1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

汚いだけじゃない...「鼻ほじり」は危険が多いみたい

「鼻ほじり」はあまり印象ではないことは分かってるけど、実は結構危険も多い行為なのです。

更新日: 2016年09月05日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
88 お気に入り 179660 view
お気に入り追加

「鼻ほじり」はあまり印象ではないことは分かってるけど...

もちろん汚い行為なので人前ではやりませんが、家にいるときは無意識に鼻をほじっているなんて方もいると思います

▼実は危険が伴う行為なのです

細菌が繁殖する

人間や動物の皮膚など、あらゆる場所に存在していて、食中毒や皮膚の感染症の原因になったりすることもある細菌だ

鼻をほじった時に傷ができてしまった場合、その傷口から出た「血液」を栄養にして菌は増殖

鼻が乾燥する原因になる

乾燥性前鼻炎の症状としては、鼻の入り口のあたりの皮膚が荒れ、かさぶたができて、かゆみや刺激があるというものが挙げられます

乾燥性前鼻炎の原因としてよく挙げられるのは、鼻をほじるくせや、鼻毛を抜くくせ、さらに、鼻毛を伸ばしっぱなしの不潔な状態にしておくことなどです

鼻血が出やすくなる

鼻をほじることで、爪で引っ掻いてしまい、そこから鼻血が出るなんてこともあります

出血するとかさぶたになるが、子どもはよく鼻をほじるのでかさぶたがはがれ、また鼻血が出てしまいがちだ

アレルギー性鼻炎を起こしていると鼻の粘膜が傷つきやすくなっているが、かゆいのでいじってしまい、血が出やすくなる

この鼻血...侮ってはいけません

2008年にはイギリスで、63歳の男性が鼻ほじりに起因するとみられる出血で死亡した事例

何らかの精神疾患の症状と評価すべき場合があるとも一部では主張されている

鼻ほじりは習慣化してしまっている場合があるのです

大人になっても人前で鼻をほじってしまうという場合は、基本的には癖として、動作が習慣化してしまっています

主にリラックスしている時や何かに熱中している時などに、無意識に鼻をほじっています

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう