1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

次の首相はこの人!?…石破氏が次期党総裁選への出馬に意欲を示している

自民党の石破前地方創生担当大臣は自らの派閥の研修会で、ポスト安倍に向けた意欲を強調しました。

更新日: 2016年09月05日

Sanctusさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
8 お気に入り 13055 view
お気に入り追加

・石破氏が自らの派閥の研修会を開いた

自民党の石破前地方創生担当大臣は自らの派閥の研修会で、ポスト安倍に向けた意欲を強調しました。

自民党の石破派は4日、昨年9月の旗揚げ以来初の夏季研修会を神奈川県小田原市のホテルで開いた。

自身が会長を務める石破派が研修会を開いている神奈川県小田原市で記者団に語った。

・次期党総裁選への出馬に意欲を示した

閣外に去った会長の石破茂・前地方創生担当相の発信力の低下が懸念される中、「ポスト安倍」へ向け結束を確認。

石破茂前地方創生相は記者団に、次期党総裁選への出馬に意欲を示した。

・首相の党総裁任期の延長をけん制

首相の党総裁任期の延長に関しては「自民党の中で一部の人が話している。党員を含めた党全体で議論すべきだ」とけん制した。

安倍首相の総裁任期を延長すべきだとの声が党内にあることについては「党として議論していると聞いたことは一度もない」と述べ、けん制した。

「自民党の中で一部の方がそういう話をしているとは聞いているが、自民党として議論したとは一度も聞いたことがない」とも述べた。

・2年後の総裁選に意欲

記者団に「政権を担ったその日から、(政策を)実現できるようにしていかねばならない。そのために研さんを積んでいきたい」とも述べた。

石破氏は、2年後の総裁選に向けて「その時になって付け焼き刃みたいな政策を出すほど国民に対して失礼なことはない」と述べ、立候補を目指す考えを強調しました。

自身が会長を務める石破派が研修会を開いている神奈川県小田原市で記者団に語った。

・漫画やアイドルにも造詣が深い石破茂

石破 茂(いしば しげる、1957年(昭和32年)2月4日 - )は、日本の政治家。

昭和61年7月、旧鳥取県全県区より全国最年少議員として衆議院議員初当選、以来10期連続当選。

マンガでは、古くは「おそ松くん」「サブマリン707」、最近のものでは「加治隆介の議」「沈黙の艦隊」「サンクチュアリ」が大好き。

高校時代からアイドル歌手グループキャンディーズの大ファンであり、中でもミキ(藤村美樹)がお気に入り。

・みんなもこのニュースは気になっていた

1 2





Sanctusさん



  • 話題の動画をまとめよう