1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

マジで…安倍さんの「隠し玉」が元アイドルだった件

生稲晃子に菊池桃子...安倍さんって実はファンだった?・ω・

更新日: 2016年09月06日

silverclaspさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
38 お気に入り 293951 view
お気に入り追加

朝からざわついた…

第3次安倍晋三再改造内閣で安倍首相が「最大のチャレンジ」と位置付ける「働き方改革」

「働き方改革実現会議」とも呼ばれるコレに...

政府は9月5日、首相官邸に新設する「働き方改革実現会議」の有識者メンバーとして、元おニャン子クラブで女優の生稲晃子さんらを起用する方針を固めた

おニャン子クラブとは1985年に誕生した女性アイドルグループ

「『非正規』という言葉をこの国から一掃します。最低賃金の引上げ、高齢者への就労機会の提供など、課題は山積しています」と話す

そして具体策を議論する内容が…

(1)長時間労働是正(2)同一労働同一賃金の実現(3)高齢者の就労促進(4)障害者やがん患者の労働環境整備

生稲さんは(4)の有識者として呼ばれたみたい

生稲さんは2011年の乳がん発覚後も治療しながら女優業を続けており、がん患者が働きやすい環境整備に意見を反映させる狙いがある

前回の政策「1億総活躍」にもいた

安倍政権の目玉政策として掲げる「1億総活躍社会の実現」に向けて具体策を話し合う「国民会議」の民間議員に、タレントの菊池桃子さんを充てる方針が固まった

そもそも「1億総活躍社会の実現」とは、少子高齢化に歯止めをかけ、50年後も人口1億人を維持し、家庭・職場・地域で誰もが活躍できる社会を目指すという

菊池氏は元アイドルとしての知名度に加え、子育てとタレント業を両立し、労働問題にも強い思い入れがあるなど「1億総活躍」を体現する第一人者として白羽の矢が立った

菊池はタレント業のかたわら、2009年から法政大学大学院に進学し、政策創造研究科で地域雇用政策、キャリア形成支援政策がテーマの研究室に所属

2012年3月に修士課程を修了し、その後は戸板女子短大の客員教授に就任

名称が分かりづらい、1つの見方として「ソーシャル・インクルージョン」という新名称を提案した

その日のブログでは、「社会の中から排除する者をつくらない、全ての人々に活躍の機会があるという言葉です」と、自身の意見を述べたことを報告

2016年5月で民間議員としての任務を終えた

次の都知事は菊池桃子ちゃんがいいな。東京在住だし、女性活躍の旗を振るのにふさわしい。いや、割とマジでそう思ってるw

この間の参院選にも元アイドルが...

今井は「障害を持っている子供たちがより明るい希望をもてる社会づくりをしたい」と意気込んだ

今井絵理子には聴覚障害のある長男がいる

沖縄では参院選で自民党の島尻安伊子が苦戦中。そこで党本部は地元出身のアイドル、今井を全国比例で擁立し、島尻とセットの選挙戦で勝利を呼び込もうという戦略のようだ

今井の知名度で圧勝しようとの戦略みたい

仮に島尻氏が落選しても沖縄代表として今井が残る。今井は安倍自民の沖縄対策の駒に利用された節がある

所属事務所は安倍総理にパイプがあったとか...

菊池桃子、今井絵理子、生稲晃子… 安倍政権の言う「女性の活躍」の広告塔。次は誰か? メディアの過剰な取り上げ方で、予想できるんだろう。まさか小林麻央さんなどを利用するのか? 許し難い連中だ。

1





silverclaspさん

始めてみました。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう