1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

またか…。急ピッチで速度を上げる台風13号がやって来る

台風13号が近づいています。日本の東海上を北上する見込みで台風10号の被害で復帰の目処がたたない地域も注意が必要とのことです。今回の台風の特徴は?

更新日: 2016年09月07日

11 お気に入り 84466 view
お気に入り追加

・またか…。台風13号が北上している

気象庁は6日、沖縄・先島諸島近海で熱帯低気圧が午前9時に台風13号に変わったと発表した。

鹿児島県奄美大島の西の海上を北東へ進んでいて、7日の未明にかけて鹿児島県の奄美地方に接近する見込み

・Twitterが伝える台風情報

【台風、奄美地方に接近へ】台風13号は鹿児島県奄美大島の西の海上を北東へ。7日未明にかけて鹿児島県の奄美地方に接近する見込みです。土砂災害、低い土地の浸水、川の増水に警戒を。 www3.nhk.or.jp/weather/typhoo… pic.twitter.com/BSVVaLfxu7

【警戒が必要】台風13号 8日朝には東日本に上陸か news.livedoor.com/article/detail… 7日は速度を速めながら西日本の南の海上を北東に進む見込み。日本付近には前線が停滞しているため、台風が近づく前から大雨になりそうだ。 pic.twitter.com/FUMIQE0mAt

・沖縄地方ではすでに被害も出ている

フェリー、空の便ともに欠航、31・3メートルの最大瞬間風速を観測。

24時間降水量は宮古島市城辺で214・5ミリを記録し、新石垣空港では119ミリ(9月の観測史上最大)を記録した。

沖縄本島と周辺の離島を結ぶフェリーは、6日朝から軒並み欠航している。また、空の便も、那覇空港と県内の離島を結ぶ便を中心に、一部で遅れや欠航

・急ピッチで速度を上げる台風で気をつけること

近づく際は急激に風が強まる恐れ

今回の台風13号の特徴は、急ピッチで速度を上げて近づくということ

東海や関東に一番接近する8日(木)には最大風速が25メートル以上の暴風域を伴っており、近づく際は急激に風が強まる恐れがあり、警戒が必要

台風13号の接近で前線の活動も活発化するとみられ、西日本から東日本の太平洋側では8日にかけて大雨が降るとみられる。

・東北・北海道はまだ台風被害の目処立たず

孤立地域もあり全容把握は難航している。

岩手県では岩泉町や久慈市で合わせて16人が死亡したほか、5日、宮古市で60代の男性1人が行方不明になっている

道路の寸断や集落の孤立が続き、被害の全容把握は難航している。

岩泉町と久慈市は現状を把握するため、自衛隊のヘリコプターなどで孤立地域にある住宅を1軒1軒訪ねて調査

・調査した結果、現時点での被害状況は?

死者は岩手県16人、北海道2人の計18人に上り、行方不明や安否不明の人が、岩手県で7人、北海道で2人となっている。

総務省消防庁の6日午後5時現在のまとめでは、住宅被害は、全壊と半壊が北海道と岩手県で計81棟、一部損壊は6道県の507棟に及んだ。床上浸水は3道県の778棟となった。

1 2





ユーロの行方さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう