1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

政府が「残業規制」を強化へ…36協定を見直し働き方が変わるかも?

先進国の中でも働く時間が長く残業も問題になっている日本で、政府から残業規制を強化する議論が…ネットからも働き方について様々な声が上がっています。

更新日: 2016年09月07日

92 お気に入り 90440 view
お気に入り追加

政府が残業時間の規制へ労働基準法の見直しを検討

政府は、労働者に事実上無制限の時間外労働(残業)を課すことが可能とされる労働基準法の「36(サブロク)協定」の運用を見直し

方針としては、上限を超える残業は原則禁止

規制だけでなく、残業の是正に取り組む企業への支援も検討する考えを示した。

現状の残業時間の根本的な問題点…

「残業を減らそう」とスローガンを掲げている会社は増えてはいる。しかし、残業を減らす仕組みや仕掛けについて、深い議論がなされることはない。

そもそもの基本給が少なくて、残業をしないと満足した生活すら出来ない賃金形態を取っている会社や業界があります。

1日8時間、週40時間までと定めているが、「三六協定」と呼ばれる労使協定を結べば法定時間を超えて青天井で働く残業が可能に

そもそも労働基準法の「36(サブロク)協定」とは?

正式には「時間外・休日労働に関する協定届」といいます。労働基準法第36条が根拠になっていることから、一般的に「36協定」という名称で呼ばれています。

会社が法定労働時間(1日8時間、週40時間)を超えた時間外労働を命じる場合、必要となる。

労働組合(労働組合がない場合には労働者の過半数を代表する者)と書面による協定を予め締結しておかなければならない。

違反すれば6カ月以下の懲役または30万円以下の罰金。

臨時的なものとして必要最小限にとどめられるべきものであり、第36条は労使がこのことを十分意識したうえで三六協定を締結することを期待しているものである

・根本的に残業とは?なにか

日本の企業の伝統の一つで、いかに長時間会社に残って仕事するかで評価が決まるというものがある。

これまでも長時間の残業を巡って事件事故が…

この「残業規制」はネットでも声が上がっています。

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう