1. まとめトップ
  2. ビジネススキル

超シンプル。。「孫一族」の仕事術がパクれそう

学生の頃の孫正義は、これで1億以上稼ぎました…

更新日: 2016年09月07日

942 お気に入り 124697 view
お気に入り追加

1億円を生んだ「発想術」

孫は考えに考えた結果、特許を取ろうと考えた。一日5分発明して、特許を取ろう

①ニーズから考える
②反対の特徴をもたせる
③他のものと組み合わせる

①丸い鉛筆だと転がってしまって机から落ちてしまう。それならば、転がらないように、断面を四角形や六角形にすればいい

②「冷蔵庫」なら「白い」「四角い」「大きい」という特性を逆にして、「黒い」「丸い」「小さい」という特徴を持たせたらどうか

③1冊目の単語帳に「時計」、2冊目の単語帳に「冷蔵庫」と出たら、「時計付き冷蔵庫」「冷蔵庫付き時計」の可能性を考える

孫は在学中に世界初の音声付き電子翻訳機を発明し、シャープと1億円の契約を交わしている

「英語版が完成したら他国語版も手がけなさい。合計1億6000万円の可能性があるとアドバイスした」

若かりし孫正義から2000万円でアイデアを買った、シャープ元副社長・佐々木正

横の席で占い?的な勧誘をしてる人が「孫正義は大器晩成型だからあなたも大丈夫」って言ってるけど、彼は22歳のときにシャープに自動翻訳機を売って起業資金を調達しているので、大器晩成型ではないと思う。

これをアレンジしたのが、弟さん。

様々な解決策が常に「浮かんでは消える」もの。これを繰り返して最後に残ったアイデアこそ素晴らしいもののはず

本当に良いアイデアならメモらなくても覚えてるでしょ、と。

「それもしかも、自分の好きな事、儲かるからじゃなくて、自分の好きな事に中で、そういうものを考えましょう」

周囲の人間は私から聞いた情報を彼ら自身の記憶フィルターを通して処理します。人によってフィルターの目の粗さは異なります

三人寄れば文殊の知恵、的な!

孫泰蔵さんの話を聞いて色々なアイデアが浮かんできた。考えたいことがたくさん。友達とアイデアを広げるために話し合って、血肉化した後、文章に書いて周りにシェアやな。そして、具体的に何をすればいいのか見えてきたから、実行していくのみ!

資料作成にも「孫正義」流があるらしい。

A4用紙1枚に要点のみを記載すれば十分。基本メッセージも、なるべく20文字以内にまとめる

A3は大き過ぎてどこから読んでいいか分からない。A4ならパッと見て大体30秒で中身が分かる

ポイントを7つやそこいら書いたら、十分に埋まってしまうはず。そして、この「7」という数字がとても重要で、「マジックナンバー」と呼ばれているほどなのだ。

孫社長は、資料にはイメージデータを絶対つけるようにと言っていました。まずプレゼンする相手の興味を引くことが大切

最後に、「孫一族」の心構えを紹介

「脳がちぎれるほど考えて、それがモノにならなかったとしても、そのアイデアは人生のどこかで役に立つはずだ」

1 2





kimi-ha-karamuruさん

お役立ち系のまとめを週3ペースくらいで作れたらなーって感じです。よろしくです。



  • 話題の動画をまとめよう