1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

大谷、山田そして広島カープまで…今年のプロ野球が史上初だらけ

2016年のプロ野球が気がつけば史上初の目白押しだった。日本ハムの大谷翔平が日本最速163キロを復帰戦で披露。日本初の2年連続トリプルスリーを事実上達成したヤクルト山田哲人が35号を放ち、球団史上初の80勝に到達した広島カープ。まだまだ話題は尽きません。

更新日: 2016年09月24日

nyokikeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
14 お気に入り 55498 view
お気に入り追加

▼大谷翔平が投手として復帰初戦で日本最速163キロを投げた

日本ハムの大谷翔平投手が7日のロッテ戦(札幌ドーム)で先発。中継ぎ調整した7月24日のオリックス戦(札幌ドーム)以来の復帰登板で、いきなり日本最速、自己最速タイ163キロの剛速球をマークした。

大谷は「(久々の登板でしたけど)点を取られてしまったのでね。ただ、チームが逆転してくれて、なんとかリードした状態でメンドーサにつなげられて、よかったかなと思います。チームが勝てるようにしっかり応援します」と振り返った。

大谷は復帰登板不調ながら163出したのか それで状態をあげていくって一体…。どこに向かおうとしているのか

大谷君は通常モードで163出せるようになって次はスーパーサイヤ人2を目指す

大谷2回で降板か...まだ調子良くないのかな、とか思ってたけど普通に163出てるの草生える

大谷2回で降りちゃったか まあ復帰登板にしては悪くなかった。163も出たし

・ここ2ヶ月はマメを潰した影響で登板していなかった大谷

大谷は7月10日のロッテ戦(札幌ドーム)で右手中指のまめをつぶし、中継ぎ登板した7月24日以降は投球フォームを崩したことを理由に打者に専念していた。

▼山田哲人は史上初の2年連続トリプルスリーを事実上達成

山田哲人さんがひっそりと2年連続トリプルスリーを実質的に達成していてワロタ

山田哲人このままいけば二年連続トリプルスリーやね!すごすぎるやろ!

去年リーグ取っておいて良かったし、山田は連続トリプルスリーという前人未到の偉業を成し遂げた CS行きたい?これ以上を望むとか、どんだけ贅沢なんだよ(๑ŏ _ ŏ๑) #swallows

・既にトリプルスリーの条件はクリアしている

DeNA19回戦の一回に今季30個目の盗塁を決め、昨季に続いて同一シーズンで打率3割、30本塁打、30盗塁をマークするトリプルスリーの条件を現時点で満たした。

山田を含めて過去10人が記録しているが、2度達成すれば史上初めてとなる。

▼遂にM2とした広島カープは球団史上初の80勝に到達

球団初の年間80勝へ到達した広島は、貯金も1980年に並ぶ球団最多タイの33に膨らんだ。

3安打猛打賞をマークした背番号9はヒーローインタビューで「個人的にはあしたここで胴上げがしたいです! まずはチーム一丸となって頑張りたいと思うので、あしたも同じくよろしくお願いします!」と声を張り上げた。

交流戦とかの要素はあるけど、カープが 129 試合目に 80 勝に到達したのは立派だと思う。

90年代からチーム防御率4点台が当たり前じゃったカープ暗黒期。しかし野村謙二郎政権1年目(2010年)の4.80を境に急激に防御率が改善。翌年は3.22。その翌年は2.72と25年ぶりにシーズン2点台を叩きだしとる。

1 2





スポーツ・芸能を中心に日々気になったものをまとめてます。お気に入りしていただけると励みになりますので宜しくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう