1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

42歳イチローの初体験 今季1号がキャリア初の代打ホームランだった

日米で活躍するイチロー。メジャー通算3000安打、日米通算世界最多安打を放っているレジェンドにもまだ未開の領域があった。今季初ホーマーが初めての代打の打席からだったイチロー。これで24年連続本塁打を達成しました。

更新日: 2016年09月28日

nyokikeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
3 お気に入り 2363 view
お気に入り追加

▼日米通算で4000安打以上放っているイチローにも”初めて”があった

マーリンズのイチロー外野手(42)はフィリーズ戦の八回に代打で出場し、今季初本塁打となる1号2ラン。

▼イチロー42歳、キャリア25年目にして初の代打弾に沸くツイッター

イチロー自身初の代打ホームランでしかも16年連続!素晴らしい! #nhk #nhk11

イチローが今季初本塁打。通算3019本目の一打は、なんと自身メジャーで初の代打本塁打、とのこと。3019本打ってても、まだ初めてのことってあるんだね。すげえ。

▼イチロー初の代打HRに現地ファンが興奮している様子がわかります

イチローが今季初HR!ピンチヒッターとして8回裏に登場し、追い上げるチームを後押しする一発をライトに叩き込む! pic.twitter.com/FzYyJaI8RZ

球団公式サイトの番記者ジョー・フリサロ氏も「これはイチローのキャリア初代打本塁打」とツイートし、「ワールドヒットリーダー(世界の安打王)」というハッシュタグとともに、鮮やかな一撃を盛り上げた。

▼代打アーチは予想外だったとコメントするイチロー

「(チーム消化139試合目での今季初本塁打に)いやまあ、コローン(メッツ現役最年長投手)が1本打っていたから、1本は打ちたいと思っていた。ほっとしました。」

「(3点差の無死二塁で)あれだけは狙っていなかった。ヒットはもちろん考えたし、バントや進塁打も。でも3点差だからどうかな、とか。あれ(本塁打)だけ考えてなかった」

▼記録づくめの今年、さらに華を添える一打となったイチロー

今季321打席目での初本塁打でオリックス時代の93年から24年連続でホームランを記録。

日本で9年間プレーし、メジャーで16年目を迎えたイチロー。1991年のドラフト4位でオリックスに入団してから今年で25年目ということになるが、そのうち本塁打を打てなかったのはルーキーイヤーの1992年だけ。1993年から昨季まで23年連続で本塁打を放ってきたのだ。

日本だけに限定すると、昨季限りで現役引退した谷繁元信の27年連続本塁打が最高だ。谷繁は88年ドラフト1位で大洋(DeNA)に入団すると、1年目の89年5月27日のヤクルト戦でプロ初本塁打を記録。この年から引退する15年まで毎年本塁打をマークした。

イチローが現在活躍するメジャーの舞台では、リッキー・ヘンダーソン氏が放った25年連続本塁打がメジャー記録となっている。

▼連続本塁打だけじゃなく、連続2桁盗塁も達成しているイチロー

メジャー1年目の01年から16年連続、日米通算では23年連続2ケタ盗塁を達成し、メジャー最多の23年連続2ケタ盗塁を記録しているリッキー・ヘンダーソン(元アスレチックス)に並んだ。

1 2





スポーツ・芸能を中心に日々気になったものをまとめてます。お気に入りしていただけると励みになりますので宜しくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう