1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ワンセグ携帯での受信契約は免除?…NHKの判断に注目が集まっている

NHKがワンセグ機能付き携帯電話だけを持っている世帯の受信料を徴収していることについて、総務省は、NHKから事情を聴く方針を固めた。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年09月08日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
19 お気に入り 22931 view
お気に入り追加

○ワンセグ携帯での受信契約、総務省がNHKに実態調査へ

NHKがワンセグ機能付き携帯電話だけを持っている世帯の受信料を徴収していることについて、総務省は9月6日、NHKから事情を聴く方針を固めた。

ワンセグ機能付き携帯を利用している人の受信契約の実態について、総務省が、NHKから説明を聞く方針。

○ワンセグ放送を巡って、判断が揺れている

ワンセグ放送を視聴できるスマートフォンなどの携帯電話が、放送法で規定する「受信機」にあたるのかどうか、判断が揺れている。

放送法はNHK放送の受信設備を設置した人に、NHKとの受信契約を結ぶよう義務付けている。

「ワンセグ携帯だけではなく、NHK受信契約義務のあり方自体を見直してほしい」という声が複数よせられている。

○ワンセグ放送の受信料、支払う「義務はない」と判決された

最近は自宅にテレビを置かず、通勤電車などでワンセグ機能付き携帯電話を使ってテレビを楽しんでいる人は少なくない。

そういった人が、NHKに受信料を支払う義務があるのかどうかが争われた裁判で、2016年8月26日、さいたま地裁で判決が下りた。

ワンセグ放送を受信できる携帯電話を持っているだけでは支払う「義務はない」と、さいたま地裁が8月に判断していた。

○高市早苗総務相はNHKの立場を支持

NHKは契約義務があるという立場で、高市早苗総務相も2日、「従来、携帯受信機も受信契約締結義務の対象と考えている」と述べた。

NHKのこれまでの対応で問題ないという姿勢を示したが、地裁判断を受けて受信料徴収に批判が集まっていた。

○ワンセグは受信も不安定

NHKの受信契約は、「受信設備(受信機)」を持っていて、それがテレビ放送を受信できる状態であることが条件。

ワンセグはテレビ放送で使う周波数帯の12分の1の幅しか使わないため、画質が劣り、受信も不安定だ。

○総務省は事実上免除するよう求める方針

総務省はNHKに対して、ワンセグ機能付き携帯電話だけを持っている世帯の受信料を、事実上免除するよう求める方針だ。

実態の把握を行うとともに、運用面で改善する点があるのかも含め、検討する考え。

同省の要請に強制力はないが、NHKは受信料の減免を含め対応を検討する。

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。



  • 話題の動画をまとめよう