1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

世界2位のマレーに勝った…錦織圭全米ベスト4にざわついていた

錦織圭が世界2位のマレーに勝ち全米オープンベスト進出です。ネットでは大きな盛り上がりを見せています。

更新日: 2016年09月08日

26 お気に入り 123434 view
お気に入り追加

・錦織圭、マレーに勝利し全米2年ぶりベスト4

テニスの四大大会、全米オープン第10日は7日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで男子シングルス準々決勝

第6シードの錦織圭(日清食品)が1―6、6―4、4―6、6―1、7―5で第2シードでリオデジャネイロ五輪金メダリストのアンディ・マリー(英国)に勝利

・Twitterでは錦織祭りが…。

錦織選手勝ったんですね(;_;)❤️ うわあ!みたかった!!!!(;_;) おめでとうございます(;_;)

これはヤバい。。優勝もあるな。。日本人男子がメジャー大会優勝する時代が来るとは。。すげえ。。 テニス=錦織がマリー下し4強入り、全米オープン bit.ly/2clycod

RT @1101_nagata: 錦織圭がマレーに勝ちました。拳を突き上げるのではなく、全観客が深いため息をつくようなゲームセット。勝利の直後、「…解放されました」という実況が死闘を物語る。3時間58分、なんていうすごい試合だったろう。ああ、テニスを観た。 #mitazo

・苦手な相手に勝利した

マリー戦の勝利は2014年ツアーファイナルで6―4、6―4で勝って以来。

「相手がA・マリーなので落ち込んでも意味がないと思ったし、最後までポジティブだった。第2、第3セットからは自信を持ってプレーした」

勝利したことに対しては?

「大きな意味がある。ずっとマリーには負けていたから。特にこの舞台で勝てたのは大きい。デ杯で長い試合で負けていたから最高のリベンジになった。」

・序盤はマリー、しかしそこからストロークが冴えいつもの展開に

序盤はマリーが強力なサーブを武器に圧倒。錦織はほとんどなすすべなく、1-6で第1セットを取られた。

第2セットは第5ゲームで先にブレークを許したが、攻撃的なリターンを見せ始めた錦織は、ラリー戦でも勢いを取り戻し、すぐさまブレークバック。

第10ゲームで、リターンがさえるなど、ラリー戦でも粘りをみせ、ブレークに成功。このセット6-4で奪い返した。

第4セットでは集中力を欠きミスの増えてきたマリーを攻め、錦織が6-1で圧倒した。

最終セットは一進一退の攻防になった。5-5から錦織がブレークし押しきり、終盤に勝負強さを見せた。

・特に興奮、最終セット(そこから観た人も多かった様子)

錦織vsマレーは最終セット2-2から観た。最後よく我慢したなあ、というのが率直な感想(・∀・)そういう観点では修造の解説と一致していたw

1 2





ユーロの行方さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう