1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

中井くんも退団危機?スペイン2大クラブに激震が走ってる

レアル下部組織に在籍する中井卓大くんに影響は?いま、マドリードの2大クラブが大ピンチに陥っているようです

更新日: 2016年09月09日

manuronaldさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
16 お気に入り 51838 view
お気に入り追加

■スペイン2大クラブがついに処分へ

FIFAは8日、18歳以下の選手獲得に関する違反で補強禁止処分を科されたレアル・マドリードとアトレチコ・マドリードの異議申し立てを退けたことを発表。

これで両クラブは、2018年1月まで獲得した選手の登録が不可に。

レンタル選手の復帰、選手の売却は可能。他クラブやフリー選手の獲得、買い戻しオプションの行使、下部組織選手のプロ契約は不可能。

レアルには36万スイスフラン(約3800万円)、アトレティコには90万スイスフラン(約9500万円)の罰金がそれぞれ科される。

この決定に対し、両クラブはスポーツ仲裁裁判所(CAS)に提訴すると発表している

■騒動のこれまでの経緯

そもそも「18歳未満の外国人選手登録に関する規定違反」とは?

FIFAは未成年の保護のため、国際間移籍に複数の規定を設けている。

原則18歳以下の選手は特殊な状況を除いて他国に移籍することはできず、移籍する場合はFIFA特別委員会の承認が必要になる。

特殊な状況の例としては「親がサッカーに関係ない理由で引っ越した場合」など

この規約に両クラブが違反

調査の結果、アトレティコは07年~14年まで、レアルは05年~14年までの間、同規約に違反する複数の事例を確認。

FIFAは今年1月、18歳未満の外国人選手登録に関する規定を違反したとして、両クラブに補強禁止処分を科した。

その後、両クラブがFIFA上訴委員会に異議申し立てを行ったため、処分が一時保留となっていた。

この異議申し立てを今回FIFAが退けた

■皆さんの反応

レアルとアトレティコ補強禁止なったんか!(゜Д゜)

レアルとアトレティコ 2018年まで補強できないのはつらきな

確か、1月のベニテス解任からほんの少し経ったあたりから、補強禁止についての話があった訳で、今夏は戦力に不満があるようだったら、濃い補強をしなければならなかった けど、しなかったのは自信があったっていうのを信じたいが...

そしてファンが最も心配しているのは”あの選手”への影響…

補強禁止自体はそんなに心配してないんだけど中井君やら小さい子がどうなるのか心配だ

ついに補強禁止処分が発動。中井くんは久保くんと同じように試合に出れないとかあるんだろうか…。

■レアル下部組織に在籍中の”ピピ”こと中井卓大くん

中井卓大(たくひろ)
2003年10月生まれの12歳
滋賀県出身

小学校低学年の頃に動画で披露したスーパーテクニックが話題となり、9歳でレアルの下部組織に入団。

「アレビンA(U-12)」、「インファンティルB(U-13)」と順調に昇格し、今季は「インファンティルA(U-14)」に飛び級で昇格。

『レアルマドリードユース』所属⚽️ 中井卓大くんがマジでヤバい!w✨ マルセロもビックリ! うまいと思ったらRT pic.twitter.com/IMtVN4E6Mz

現役ブラジル代表でレアル所属のマルセロ選手が、中井くんのドリブルに驚くこの動画は大きな話題に

クラブは「高い技術と優れたプレービジョンを併せ持ち、献身的な働きと巧みなドリブル、抜群の判断力を備えるMF」と紹介。

■実は以前に久保建英選手が退団に追い込まれた”前例”がある

ヨーロッパの多くのクラブが、有望な未成年選手を獲得するために、両親にフットボールとは無関係の職業を斡旋し移住させる方法を、自らの関与を隠して行っているのは公然の秘密。

1 2





manuronaldさん

自分が気になったことをまとめていきます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう