1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

えっ、まじで!?話題の”あの美少女”がさらに進化してる件

これは普通に可愛い

更新日: 2016年09月10日

manuronaldさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
121 お気に入り 152202 view
お気に入り追加

突然ですが、皆さんこの娘をどう思いますか?

■実はこの娘「CG」なんです!!

フリーの夫婦3DCGアーティスト、Teruyuki IshikawaさんとYuka Ishikawaさんが制作している3DCGキャラクター。

お二人は「Telyuka」の名前で活動中

もともとは自主制作ムービーのため昨年春ごろから制作を開始。

昨年10月に紹介を兼ねて『Saya』の画像をTwitterに投稿したところ、そのクオリティの高さから大きな話題に。

海外のCG専門誌などに掲載されたほか、広告やテレビ番組などでの使用依頼もあったという。

冒頭が2016年最新バージョンで、これは2015年バージョン


この時点でもかなりリアル…

日本人の女子高生になった理由は?

二人は数年前から外国人の男性や女性のCGは制作していたが、「これは挑戦しがいがある」と制作を始めたという。

■気になる制作方法

制作には複数の3Dモデリングツールが用いられており、主軸には業界でよく知られた「Maya」というソフトを使用。

Maya V-ray Mari Quixel2.0 Photoshop MarverosDesigner Nuke shaveandhaircuts などのツールを使用してのワークフローなど 今色々と準備中です pic.twitter.com/JeOHVFsmxP

しかし『Saya』では、不自然さを無くし、繊細な女子高生の肌を再現するため、手描きで色合いを重ね合わせて制作しているとのこと。

新しく現在作成中の一人目の3DCG character「Saya」です、今年のクリカンではこちらのキャラクターを中心により実践的なワークフローを紹介させていただく予定です。cgworld.jp/special/cgwcc2… pic.twitter.com/xgdYax7pp6

なんかよくわからないけど、めちゃくちゃ大変そうなのはわかる

服のしわ、ソックスの編み目や表面の毛羽立ち、筋肉や髪の毛などにも、細かい作り込みを積み重ねることでリアルさを表現している。

地味な絵ですが靴下です洋服衣装作りはなかなか難しいです。。。ノーマルな服であればあるほど難しい。昨日のblizzardの衣装ワークフロー(いけなくてビデオでみた)もとてもいい刺激になりました。他者様の工程はよいヒントになります! pic.twitter.com/32pzCYL826

しかも驚いたことに、お二人はこれらの制作技術を独学で学んだらしい

■皆さんの反応

可愛いだろ… これCGなんだってよ… CGってある程度リアリティ増すと、 リアルとバーチャルがごっちゃになって嫌悪感抱くんだけど(不気味の谷現象) これなんかもうCGて言われないと気付かないぞ pic.twitter.com/nuowVjX5VY

比較すると違いがわかるはず

髪がリアルになったなぁ。去年の時点ですごかったけど、あれはまだCGっぽさが若干残ってた。今年はほぼ写真だw

いや、彼女居るやろ。 こんな可愛い彼女、CGな訳無い。 …(´;ω;`)

いやむしろCGの方が可愛いからぼく不気味クリーチャーだわ

ついにCGにまで自分の存在が負けてしまう時代なのか…(´・ω・)

1 2





manuronaldさん

自分が気になったことをまとめていきます。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう