1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

現役は続行‥吉田沙保里の選手兼コーチ就任に期待の声が高まっている

“霊長類最強女子”と言われ、リオデジャネイロ五輪では銀メダルを獲得した吉田沙保里選手が選手兼任で女子日本代表コーチに就任することが9日、分かりました。

更新日: 2016年09月10日

kyama77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
8 お気に入り 15004 view
お気に入り追加

●“霊長類最強女子”と呼ばれる吉田沙保里選手

“霊長類最強女子”と言われ、2004年のアテネ五輪以来、北京・ロンドンとオリンピック3連覇、世界大会16連覇という快挙

・リオ五輪決勝で敗れるも、銀メダルを獲得した

リオデジャネイロ五輪は大会第14日の18日、カリオカアリーナでレスリング女子53キロ級を行い、

吉田沙保里は、2015年世界選手権の55キロ級で優勝したヘレン・マルーリス(米国)に敗れ、銀メダルを獲得した。

・決勝では、第2ピリオドで逆転され1-4で敗戦した

序盤では吉田が1点を先取するが、その後はお互いに得点を重ねることができず、1-0のままで第1ピリオドが終了。

2ピリオド開始直後に背中を取られ、マルーリスに2点を奪われると、その後さらに2点を取られ、敗れた。

・吉田選手の黒星は、4年ぶりとなった

吉田の黒星は2012年5月の国別対抗戦、ワールドカップでコブロワゾロボワ(ロシア)に敗れて以来で、4年ぶり。

●帰国会見では、日本選手団のメダル獲得と今後について語っていた

日本中が熱気に包まれた先日のリオ五輪で、銀メダルを獲得しながらも「ごめんなさい」と、表彰台やインタビューで号泣し、謝り続けた吉田。

主将を経験したことについて「貴重な経験をさせていただいたという思いで感謝でいっぱい」と振り返った。

質疑応答で今後について聞かれると「きょう帰ってきたばかりなので、ゆっくりしてから考えたいと思います」と答えた。

●そんな中、吉田沙保里選手が日本代表コーチ兼任へ

リオデジャネイロ五輪レスリング女子53キロ級銀メダルの吉田沙保里(33)が、

・26日の日本協会理事会で、正式決定する見通し

日本レスリング協会の関係者によりますと、協会では4年後の東京オリンピックに向け現役続行に意欲を示していた吉田選手に、

8日までに女子日本代表コーチにも加わるよう打診したということです。

1 2





お気に入り登録してくださった方ありがとうございます。
気になることやみなさまのお役に立てるようなまとめを作っていきたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう