1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

マエケンが女装?イチローとの対戦後に待っていたメジャーの洗礼

今季2度目のイチローとの対戦となったマエケンこと前田健太(まえだ けんた)投手。イチローの1安打含め、6回を8安打3失点(自責点2)で9敗目(14勝)を喫した。敗戦投手となった前田健太にメジャーリーグの新人への洗礼となる仮装が待ち受けていた。

更新日: 2016年09月23日

nyokikeさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
15 お気に入り 30328 view
お気に入り追加

▼球団新人最多勝記録にならんだ前田健太が15勝目を狙う

マーリンズが本拠地で迎えているドジャース3連戦。ここまで1勝1敗で、第3戦ではここ2試合ベンチスタートだったイチローが「2番・右翼」でスタメン出場することが発表された。一方のドジャースは前田が28度目の先発のマウンドに上がる。

前田はここまで球団新人最多タイの14勝(8敗)を挙げており、記録更新がかかるマウンド。一方、イチローは9月打率.321、1本塁打、5打点と好調。シーズン通算でも打率.297と3割復帰が目前に迫っている。

▼イチローとの2度目の対戦は3打数1安打、マエケンは15勝目ならず

イチローは0-0で迎えた4回1死走者なしの第2打席に中前打を放ち、後続の適時打で先制ホーム。日米通算4300安打という節目のヒットで、試合の流れを決めた。

これでメジャー通算3022安打とし、歴代25位ルー・ブロックの3023安打まで残り「1」と迫った。チームは3-0で完封勝ちした。

両者の対決は今季2度目。初対決は4月28日にドジャースの本拠地で実現し、前田がイチローを3打数無安打に抑えたものの、7回途中を7安打5奪三振1四球4失点でメジャー初黒星を喫していた。

・2度目の対戦を終えたイチローと前田健太

(前田の印象を問われ)ピッチャーという感じのピッチャーだね。(変化球の割合が非常に高いことに)それは日本のピッチャーは、黒田以外は皆そうでしょう。(4月の対戦と比べ)変わらないです。

あまり状態が良くなかったが、うまく粘れた。狙ったところに行かなかったし、意図したアウトを取れる回数は少なかった。(イチローとの対戦は)他の打者より楽しい。独特の感覚を持っている。

▼敗戦投手となったマエケンを待ち受けたメジャーの洗礼

ドジャース前田健太投手(28)が試合後、新人恒例の仮装でチアガールのコスチュームを着て次の遠征地ニューヨークへ移動した。

チームカラーのブルーのコスチュームに身を包んだマエケンはご満悦な表情でカメラに向かってポーズ。ポンポンを打ち振り足を大きく上げるなど大サービスしていた。

マエケン、チアガール似合うじゃないかーー( ☆∀☆)かわいい! #前田健太 #マエケン

か、かわいいwww マエケンがチアガールに 新人恒例の仮装お披露目 - MLB : 日刊スポーツ nikkansports.com/baseball/mlb/n…

▼過去の日本人メジャーリーガーもやっている仮装の恒例行事

1 2





スポーツ・芸能を中心に日々気になったものをまとめてます。お気に入りしていただけると励みになりますので宜しくお願いします。



  • 話題の動画をまとめよう