1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

過去にも問題発言?「おんぶで視察」した務台政務官が非難されている

台風10号で甚大な被害を受けた岩手県。務台政務官が被災地を視察しましたが、視察中のある行動が物議をかもしています。

更新日: 2016年09月13日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
17 お気に入り 162634 view
お気に入り追加

台風10号で甚大な被害を受けた岩手県

台風10号による大雨で2000棟を超える住宅が被害を受けた

台風10号によって岩泉町では死亡十六人、行方不明四人、四百四十六人が避難を続けている

台風10号で大きな被害を受けた岩手県岩泉町では12日、休校が続いていた学校が13日ぶりに授業を再開

務台政務官が被災地を視察

ホーム側の対応について「それぞれの責任があると思う。災害時は、空振りは許されるが見逃しは許されないという対応でやっていただきたかった」と指摘した

しかし、視察中のある行動が物議をかもしている

テレビが報じたそのみっともない姿がネット上にアップされ、非難が殺到している

おんぶ政務官ひどい。躊躇なくおぶさったり、周りの人も誰も止めないということは、この人たちの世界では珍しくない態度ってことじゃないの。きもちわるい。

革靴おんぶの人は、自分で思い留まるか、周りに止める人か、どっちかならなかったのか…阿呆らしいにも程があるわな。革靴で泥に入れよ。私も靴忘れて、現場に革靴で入った事くらいあるわ。

長靴を持っていなかったみたい

長靴を履いていなかったため、職員に背負ってもらい、水たまりを渡ったということです

務台氏の足下を見ると、靴を履いています。そして、こんなことを漏らします。「こんなところ映されちゃ困るな・・・」(務台政務官)

政府関係者からも相次ぐ厳しい声

町民からは「災害復興に当たる人の行動とは思えない」「自覚が足りない」などと批判の声が上がった

務台氏に対して「今後こんなことがないように、口頭で厳しく注意した」と説明した

与党からも「立場を利用した甘え以外の何物でもない」との批判が出ている

「被災者への配慮に欠けた行為だ」と述べ、緊張感を持って職務に当たるよう指示したことを明らかにしました

松本純防災担当相が2日に口頭で注意し、菅長官も緊張感を持って引き続き職務に当たるよう指示した

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう