1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

浜辺美波主演で第2のセカチュー!泣ける「キミスイ」映画化で期待の声

泣ける感動の小説が映画化!浜辺美波&北村匠海主演で「君の膵臓をたべたい」(キミスイ)が実写化!キャストも小栗旬、北川景子も出演と豪華です!

更新日: 2016年09月14日

54 お気に入り 43825 view
お気に入り追加

■ベストセラー小説の「キミスイ」が映画化される!

住野よるのベストセラー小説「君の膵臓をたべたい」が、16歳の浜辺美波と18歳の北村匠海、若手二人のW主演で実写映画化される

脚本を「ホットロード」の吉田智子が手がけ、「黒崎くんの言いなりになんてならない」の月川翔がメガホンを取った。

「君の膵臓をたべたい」が映画化決定、来夏公開。北村匠海(DISH)さんと浜辺美波さんのW主演。12年後のパートに小栗旬さん・北川景子さんが出演。@はやドキ pic.twitter.com/hGiXdpSqvs

・『キミスイ』は住野よるのさんのデビュー作

原作は、一見おどろおどろしいタイトルと感動的なストーリーのギャップが話題を呼んだ青春物語。

高校生の「僕」が、クラスメイトの女子・山内桜良が密かにつづった日記帳を読んだことから、彼女が重い膵臓(すいぞう)の病気であることを知り、徐々に心を通わせていく青春ストーリー。

無名作家のデビュー作ながら「セカチューをほうふつとさせる究極の純愛小説」「泣ける」と反響が広がり、今年の本屋大賞でも2位に選ばれた。

・多くの女子も感動!泣ける純愛小説で話題になっていた

キミスイ読めた! もはやホットロードどころじゃないし、 読み終えたのに思い出しただけで泣ける

君の膵臓をたべたい、通称でキミスイ、ですが、一度目を読んで泣きに泣いて、二度目を開こうと思ってもなかなか、あの展開が、あのラストが待ってると思うと、なかなか読み始められない。でももう1回、いや何回でも、桜良に会ってこの作品に感動を、大切なものをもらわなきゃと思ってしまう。そうやっ

夏菜子オススメのキミスイこと「君の膵臓をたべたい」読み始めた。2節読んだだけで胸がキュンキュンし過ぎて寝れなくなってしまったw なんか病気絡みの青春恋愛小説?にかなり弱い。セカチュー並に泣ける予感がするね。明日の通勤で読むの楽しみ。 pic.twitter.com/AWPNAyg7yd

・映画は「セカチュー」のプロデューサーが担当する

興収85億円の大ヒットとなった「世界の中心で、愛をさけぶ」(04年公開)の春名慶プロデューサーが手がけ、「今の“セカチュー”になれば」ともくろむ。

『世界の中心で、愛をさけぶ』(せかいのちゅうしんで、あいをさけぶ)は、日本の小説家・片山恭一の青春恋愛小説である。

春名慶氏は「生と死、愛と死というテーマは普遍。今のティーンにとってのセカチューになる」と自信を見せている。

・主演はブレイク中の浜辺美波さんと

4年前に開催された第7回『東宝シンデレラオーディション』で、ニュージェネレーション賞を受賞し芸能界入り。

かつて長澤まさみがグランプリを獲得したことでも知られる“シンデレラ”オーディション出身者ということで、業界内では早くから注目を集めていた

浜辺さんは、「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(通称「あの花」)の実写版でヒロインめんま役を務めた。「透明感がすごい」「将来有望」と若者を中心に絶賛

主演はオファーを受けて決まったという浜辺は、「驚きと一緒に、胸にたくさんの感情があふれでてきて、本当に幸せだと感じています」と喜びをあらわに。

・連ドラ主演が相次ぐ北村匠海さん

「僕」は男性4人組「DISH//」のTAKUMIとしても活動する北村匠海(18)というフレッシュなコンビが起用された

1 2





何故だろうさん

イケメンと美女を中心に、お役に立つ雑学と疑問に思っている事をまとめています。



  • 話題の動画をまとめよう