1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

いま、大学生からの「注目度」がグングン上がってる職業

色んな分野に挑戦する若者が増加中(゚∀゚)

更新日: 2016年09月14日

yurinoki77さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
142 お気に入り 207785 view
お気に入り追加

時代の流れもあるようで、

大卒の看護師が急増している。2014年の国家試験合格者に占める割合は約30%で、この10年で2倍に

それを裏付けるかのように、大学の「看護学部」の数がめちゃくちゃ増えてる

「チーム医療」ってのが浸透してきて、お医者さんと対等なやり取りが必要になるケースも多いんだとか。

看護師に要求されるレベルは上がっており、看護師が患者の状態変化を早期発見し、医師へ働きかけることを要求されることも

最近の医療形態のチーム医療では医者と看護師同等の立ち位置だし、これからの高齢化社会でますます看護師の役割が大きくなる

建築学科の人たちが注目してるのが…

特に「平成建設」は、有名大の建築学科の卒業生が、こぞって就職を志願する企業なんだとか!

東大、京大、東工大、東京芸大、早大、慶大など一流大学の出身者もおり、大半が建築系

図面だけでなく、実際に「ものづくり」の技術も身につけられるのが魅力。

「建築に携わる時、実際にモノを作るという実感まで味わいたくて。現場の技術を学ぶために、学び舎として平成建設がいいなと」

技術の習得を体系化し、大工だけではなく、設計、施工管理、営業、弟子の育成までできるかつての棟梁を目指すべく多能工化を図っている

やりがいが実感できることが、高学歴の若者にとっても魅力に映っているのかも。

建築業界では職人が3年で9割がいなくなるといわれているが、平成建設では仕事や会社が嫌になって辞める社員はほとんどいない。

「自分たちが注文したものが今作られているんだという、そのご家族の嬉しそうな表情を見ていると、新人なりに役に立ちたいと素直に思うことができました。前の会社では、まるで感じられなかった感情でしたね」

農業の人気もどんどん高まってる…!

【岩手県】当初5農家で9人の学生の受け入れからスタートし、現在では23農家が36人を受け入れ

【東京都】駒沢大の学生約40人が浜松市を訪れ、会社経営者らの話を聞いたり、現場を訪問したりする学習会を行った

農家との体験などを通じて、学生たちの気持ちにも変化が。

「生産者が気持ちを込めて作っている姿を見て、安いだけではだめだと感じた。その思いをお客さんにも伝えたい」

生産技術や経営ノウハウを学び、また国や自治体の独立就農支援制度等を活用することで、20代や30代で独立を達成することも可能

「職種で言うと営業志望の人もいい。社長直下で幹部候補として活躍できる可能性もあるので、ベンチャー志向の人にもおすすめ」

1





yurinoki77さん



  • 話題の動画をまとめよう