1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

カズも対戦を熱望!中学生Jリーガー久保建英に期待の声が相次いでいる!

サッカーU16(16歳以下)日本代表FWで、スペインの名門バルセロナの下部組織でプレー経験がある中学生の久保建英(くぼたけふさ)が、所属するJ1のF東京でトップチームの公式戦に出場できる2種登録されることが13日分かりました。来年50歳を迎える三浦知良選手も久保くんとの「35歳差勝負」を熱望!

更新日: 2016年09月14日

15 お気に入り 40349 view
お気に入り追加

中学生Jリーガー誕生へ!

サッカーJ1東京のU-18(18歳以下)に所属するFW久保建英(たけふさ、15)が、トップチームに選手登録されることが12日、分かった。

クラブ関係者は「上のステージでチャレンジさせたい。日本を背負って立つ選手として、しっかり育てていきたい思いがある」と説明した。

出場を果たせば2004年以来の快挙!

Jリーグの最年少出場記録は、川崎フロンターレに所属する森本貴幸選手が、平成16年、東京ヴェルディ時代に記録した15歳と10か月

久保選手は現在、15歳と3か月で、11月まで行われるJリーグの試合にデビューすればこの記録を更新することになります。

当面はJ1の2つ下のカテゴリであるJ3のFC東京U-23チームでプレーする見込みながら、将来が非常に楽しみな選手である。

久保建英選手とは?

久保建英(くぼ・たけふさ)2001年(平13)6月4日、川崎市生まれ。

小学2年だった09年11月、川崎Fジュニアのセレクションに合格。11年4月の入団テストを経て同年9月にバルセロナの下部組織に入団。

しかし18歳未満の国際移籍を原則として認めない国際サッカー連盟(FIFA)の規定に違反したとしてクラブが処分を受け、15年にFC東京ジュニアユースに加入

中学3年生ながら、今季から飛び級で高校生年代のU-18に昇格した。

久保選手の特徴とは?

久保の最大の特長はズバぬけた攻撃センスにある。まずドリブル、パス、シュートの「精度」が桁違いに高い。

重宝される左利きで、その精度をスピードに乗った状態でもできるからバルセロナの目にも留まったのだろう。

状況判断がいいから、いわゆる“自己チュー”プレーもない。仲間も使う。動きながら正確にできるのだから、止まったボールはイメージした場所に蹴り込むことができる

カズも対戦を熱望!

J2横浜FCの元日本代表FW三浦知良(49)が13日、都内で「リポビタンD」新CM発表会に出席。

FC東京U-18に所属するU-16日本代表MF久保建英がトップチーム登録されるとの報道について、「本当に夢のある話。ぜひトップチームでやる姿を見てみたい」と期待を寄せた。

「来年50歳になります。ピッチには10代もいるけど、試合に出たら年齢は関係ない」というレジェンド

一方、このようなエールも!

だが、その一方で「フィジカルの差は中学生だとまだ大きいと思う。彼に多くのものを求めるのは酷だと思う」と過度な期待をかけるべきではないと主張。

1 2 3





お気に入り登録ありがとうございます。
自分の気になったことをまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう