1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

世界初の4回転ループへ挑戦…羽生結弦の進化は止まらない!

フィギュアスケート男子の羽生結弦(21=ANA)が、新たに高難度の4回転ループに挑戦する今季のプログラムを発表した。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年09月15日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
25 お気に入り 48221 view
お気に入り追加

○羽生結弦が世界初の4回転ループへ挑戦

フィギュアスケート男子の羽生結弦(21=ANA)が、超高難度な演技構成で世界歴代最高点の更新を狙う。

練習拠点のカナダ・トロントで、新たに高難度の4回転ループに挑戦する今季のプログラムを発表した。

国際スケート連盟公認大会で成功例はないが、ショートプログラム(SP)とフリーの両方に入れる。

○2大会連続金メダルが懸かる羽生

SPにはロック調のプリンスの曲を選ぶなど、合計300点超えを成し遂げた昨季以上の挑戦の年と位置付けた。

2シーズンかけて磨くというより、「今季からしっかり跳びたい。試合で入れるということは、跳べないと意味がない」と意気込む。

○公認大会で成功例がない4回転ループに挑む

今季はショートプログラム(SP)とフリーともに、国際スケート連盟公認大会で成功例がない4回転ループに挑むことを明かした。

練習では4回転ループの出来にばらつきがあったが、フリーは4回転を従来の2種類3本から3種類4本に増やす方針。

転んでも、傾いても4回転ループを跳び続けた羽生の顔はいきいきしていた。

○3季ぶりに音楽をチェンジ

SPは2季連続で「バラード第1番」を使用していたが、プリンスの「レッツ・ゴー・クレイジー」に3季ぶりにチェンジ。

公開練習の前半、米人気ロック歌手プリンスの「レッツ・ゴー・クレイジー」に乗せたSPの冒頭に大きく跳び上がった。

フリーは久石譲さんの音楽を組み合わせたピアノ曲で題名は「ホープ&レガシー」となった。

羽生くんの今季ショートプログラムの曲がPRINCE!私得か!!!*\(^o^)/*

○世界最高得点を出した昨季

昨年12月のGPファイナル(バルセロナ)ではSP、フリー、合計の3つで世界最高得点を出し、男子初の3連覇を飾った。

けがで滑れない時期に、練習への取り組み方や「自分のスケートとはどういうものか」を考え、気持ちを整理した。

○約2カ月の療養を強いられた

3月の世界選手権のあと、左足甲の靱帯を損傷していることが明らかになり、治療に専念。

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。



  • 話題の動画をまとめよう