1. まとめトップ
  2. IT・ガジェット

まるでSFの世界…「2030年」の未来予想図がスゴすぎる!

2030年ってわりとすぐだと思うんだけど、ほんとにこんなことになるの?

更新日: 2016年09月15日

iisanchosiiさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
246 お気に入り 366034 view
お気に入り追加

2016→2030 その間「14年」

空を見上げれば…

ピザの宅配はデリバリードローンを使うことでより効果的に

すでに、ドミノピザがサービスを始める見通し(日本も対象)

日本で小型無人機(ドローン)を使ってインターネット通販の商品を注文後30分以内で届ける計画を進めている

注文後30分で届くってw

監視ドローンが登場し、人工知能を使った犯罪予測が2030年までに可能に

死角はないね

積極的に田園へ取り入れ、データの収集・解析を行います。そうすることで、人間が行う作業をより効率的に

空撮やセンサーによる異常検知や、農薬の散布などの需要が

若者は就職をイメージで考えてしまう傾向があります。であるならば、農業の今のイメージを変えればいい

農業って、ハイテクで面白い分野だということをこれから発信していければいい

ドローン飛ばして人工知能で管理する、超ハイテク農業

そのへんを走りまわる「自動運転車」

人工知能を搭載した自動運転カーが人々の送り迎えや、荷物の配送を行う世界になっている可能性があります

交通渋滞や駐車場不足といった問題は時代遅れになる、つまり、なくなっていく

スタンフォード大学のレポート

2030年までに世界全体で自動車7台のうち1台が、高いレベルでの自動運転機能を備えたものになる

世界全体で7台のうち1台

自動車の5台に1台が自動運転車になっていることを目標に、そこから逆算して制度づくりに取り組む

2030年段階での目標が5台に1台

車の自動運転の実現で交通事故による死者数を2030年代に「限りなくゼロ」にする

経済産業省の持つ目標

自動運転に好ましい環境となる規制の枠組みが早急に必要

自動運転社会に合わせて、交通ルールなどが変わっていくかもしれない

「位置情報に基づき、自車両において必要な情報のみを受信できる車間通信装置」に関する技術

ふむふむ

1 2





iisanchosiiさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう