1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

またかよ…。再測定でも不正が発覚した三菱自動車に落胆の声

燃費の不正問題が発覚した三菱自動車工業がその後も不正な測定方法を続けていた事が発覚。失望と憤りの声が上がっています。

更新日: 2016年09月16日

17 お気に入り 73160 view
お気に入り追加

・三菱自動車にまた不正が発覚

燃費の不正問題が発覚した三菱自動車工業が、その後も不正を続けていた

担当者が不正を認識しながら測定を続けていたことが15日、国土交通省の立ち入り検査の結果報告でわかった。

益子修会長を呼んで文書で注意し、再発防止策の見直しと9月末までの報告を求めた。

・あの大騒動後も「不正」は続行されていた…。

6月21日に石井啓一国交相から一連の燃費データ不正問題に関して厳重注意を受けていた。

燃費データの不正が発覚した後も都合の良いデータだけを抽出するなど、不正な測定方法を続けていました。

・再測定せず過去の測定結果を流用していた事実も

国交省は先月30日に三菱自9車種のうち8車種で燃費がカタログ値を下回ったとする独自試験の結果を公表。

同社が不正な方法で再測定をしていたとして、今月2日に同社に立ち入り検査した。

現場担当者は国の測定法と異なることを知りつつ、良い燃費が出るデータを意図的に選んでいた。

同社がこれまで燃費を再測定したとしていた「ミラージュ」は実際は再測定せず、2012年に実施した測定結果を流用していたことが判明した。

・この事実にみんなは…。

常軌を逸してる、というか、もう斜め上だね、これは 国交省「常軌逸する」 三菱自、再測定でも不正 nikkei.com/article/DGXLAS…

燃費偽装も燃費一辺倒な風潮もどうかと思うけどこの期に及んでまだ不正やる三菱は流石にもうあかんわ

もはや怖いもの知らずなのか、社内で誰も正しい測定方法をやったことがないとか?それはないか / “三菱自動車、再測定方法も不正 販売中8車種、国交省注意 - 共同通信 47NEWS” htn.to/zMY8tq

シャリオグランディス、ランサーセディアワゴンと乗り継いだから三菱自動車の不正繰り返しはただただ悲しい。 けしからんとかよりも悲しい。

・厳しい指摘も…。

三菱自動車が燃費データ不正発覚の後に行った燃費再測定でも不正を継続していたというニュース記事を読んで、もはや単なる不正ではなくて文化や伝統の域にまで達しているんだなと感動した。

もう三菱自動車終わった感。なんなんだろう。仮に意図的に会社潰したいヤツがいたとして、たぶん不祥事後なら厳重にチェックする工程を入れるからそういうのは事前に見つかるだろうし、こんなことにはならん気がする。そうするとそもそもの企業体質なのか?でも自殺行為だぞ?

【データねつ造病】三菱自動車が販売中8車種について再測定方法も不正。もはやデータねつ造病と言ってよい。電力会社、東芝、東洋ゴム、旭化成建材…。民が優れていて官が駄目でなく、両方ひどいというのが「日本病」の真実。産業衰退は止まらない。goo.gl/QZMlRE

三菱自動車、この社風。 自動車とは安全なものでなくてはならないにもかかわらず、再測定の不正。 燃費が一番で、安全性なんかは下の下なんだろう。 潰しちゃえよ、こんな会社。 働いているひとには申し訳ないが、資格ないよ、あんたらには、乗り物を作る資格がさ。 まるでハンドルがもげる車だ。

・どうした!三菱自動車

再測定の経緯について、益子会長は先月30日の記者会見で「法令に定めがなく、現場は間違っていたという認識がなかった」などと“無知”を強調。

だが正しい測定方法を説明していた国交省は検査報告書で「再測定結果をカタログ値に近づけようとした意図が疑われる」と不正を認識していたと指摘した。

三菱自動車・益子修会長は?

1 2





ユーロの行方さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう