1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

「人生変わった」ツイートが殺到してる名作小説4選

Twitterで「人生を変えた本」として呟かれてる中から、特にツイート数が目立ったものを選びました。

更新日: 2016年09月16日

5307 お気に入り 464049 view
お気に入り追加

「恋愛のバイブル」すぎる一冊。

大人でも子供でもないもどかしい時間。まだ、恋の匂いにも揺れる17歳の日々――。放課後にはじまる、甘くせつない8編の恋愛物語

たぶん、一番最初に読んだ「放課後の音符」が好きすぎて、人生観変わるぐらい影響受けて、その結果(詠美作品では)これ以上好きな作品に出会えないと思っちゃったからだろうなあ。

彼女が、友達の恋愛にかかわっていくうちにどんどん成長して素敵な女の子になっていくというお話

恋に憧れる主人公が、恋に落ちるまで自分を磨いて(調理して)、その時に備えるわけさ。お友達6人の恋バナをスパイス(調味料)に

そもそも恋愛小説と言うものを、ティーンズノベル以降はほとんどオンラインでしか読んでないっていうね(´ω`)じゃあダメじゃん、というね(´ω`)個人的に恋愛系で素敵だなと思ったのは『放課後の音符』かなぁ…あれはちょっと人生観を変えたよね。

その文章とストーリーの素晴らしさから、作中人物をマネする人も…!

いつもの化粧は基本的には口紅だけ。 アイシャドウとかチークはめったに使わん 綺麗な色の口紅だけちゃんとひいてる 時間をケチってるってよりも 山田詠美の放課後の音符に出てくる女性の真似。 口紅が似合う女性になりたい

そういえばあたらしいアンクレットを買いました。アンクレットってすき。高校生のころ、山田詠美の『放課後の音符』を真似して、制服のソックスのしたに密かに隠していたのも、いい想い出。 pic.twitter.com/nsmk8ntMQg

なんか素敵…(●´ω`●)

これを読み返す度あの懐かしいスクールライフ独特の青い恋愛感が蘇り、懐かしいやら切ない気持ちやらでいっぱいになります。

読書をしない方にも山田詠美さんの放課後の音符は本当におすすめしたい 適した言葉が見当たらないけど、綺麗で澄んだ恋愛の形が見える

涙を誘う「クリエイター賛歌」

スロウハイツの神様が、本当に響いて、呆然となってる。これは、自分の人生の岐路に嵌った作品。

スロウハイツの神様って小説は辻村深月の最高傑作でぼくの一番好きな小説。これのおかげで人生変わった

「今までの人生で一番影響を受けた小説は?」の問いに、迷うことなく「スロウハイツの神様」って答えるほどに、この作品には大変影響を受けた。

人気作家チヨダ・コーキが、新人脚本家・赤羽環に誘われ、「スロウ・ハイツ」に入居し、クリエーターたちと暮らし始める

「スロウハイツ」というシェアハウスに住む脚本家、漫画家、小説家、画家などのクリエイターたちが切磋琢磨する姿を描いた作品

とにかく創作畑に身を置く人間は「スロウハイツの神様」は読みなさいって と、今日の先輩ロックユーを見て思った。辻村さんの、普通の能力で、でもクリエイターになりたい!って思いとそこから天才を見る視点がすごいのよね

スロウハイツの神様。大学生のころは読んでもそれほど響かなかった。けど、今読むと過呼吸になりそうなくらい苦しくなる。彼らと同じ25歳で、曲がりなりにもクリエイターだからか。境遇が近いと、辻村深月の登場人物はより鋭利な刃物になって胸をえぐりに来る。

「下巻まで読まないと分からず、読後に上巻を読み返すと、さまざまな伏線が張られていることに気が付きます」

今日は自分が好きな本を紹介します。 もう、何回読んだであろう 「スロウハイツの神様」上巻からの伏線?の回収の最終話、何度読んでも泣いてしまいます。 pic.twitter.com/2mbZRFl0De

「頭のよしあし」と「幸せ」の関係は…?

1 2





kahukahukahukaさん

エンタメ中心にまとめる所存ですっっ



  • 話題の動画をまとめよう