1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

そりゃ抜けるわ…(´・ω・)岡崎選手がレスターで苦悩してる

自分の中で葛藤と戦っているようです

更新日: 2016年09月16日

manuronaldさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
11 お気に入り 75145 view
お気に入り追加

サッカー日本代表のエースと言えば…

3月29日の対シリア戦で、歴代5位(FWの選手は初めて)となる国際Aマッチ通算100試合出場を達成。

現在国際Aマッチ49得点と、釜本邦茂、三浦知良に続く日本人3人目の国際Aマッチ50得点にも王手。

所属するレスターでは、ヴァ―ディ、マフレズと共にチームを牽引し、「プレミアリーグ奇跡の優勝」の立役者の1人となった。

吉田麻也選手いわく”日本サッカー史上最高の選手”

■そんな岡崎選手がレスターで苦悩している

CL初出場のレスターは3−0という大差で快勝し、歴史的な夜になったが、ピッチ上に岡崎の姿はなかった。

遠征メンバーに入りながら、試合開始2時間前のミーティングでベンチ外を知らされたという。

ベンチ外の理由についてラニエリ監督は、「相手の力量や選手の個性などをみて、選手を組み合わせた結果」と話している。

今季はこれまで公式戦5試合に出場

うち4戦で先発と、数字だけ見れば、昨季と変わらず重要な戦力であるという印象。

9月10日に行われた敵地でのリバプール戦(1-4)では、先発出場するも、前半のみで途中交代を命じられた。

ヴァーディのゴールに絡むなど、決して動きは悪くなかっただけにファンからは疑問の声が多く挙がった

■背景にあるのは、監督との”微妙な意識のずれ”

今季レスターのFW枠には、ヴァ―ディ、マフレズら昨季の顔ぶれに加え、ムサ、スリマニという強力なライバルが加入。

今季はいまだ無得点なうえ、昨季は”得点力”よりも”献身性”を評価されただけに、競争を制するためにゴールが欲しいのは当然のこと。

10日のリバプール戦で珍しくロングシュートを放った場面が、岡崎の気持ちを物語っている。

「(リバプール戦のシュートに対し)お前は打つな。昨季はあそこでパスを出して余計なことはしなかった」と言われたという。

■皆さんの反応

岡崎はストライカー いくら監督といえども、シュート撃つな、とか言われる筋合いは無いわな シュート撃とうが撃たなかろうが岡崎はチーム内の役割をしっかりこなしてる

シュート打って怒られるFWとか岡崎くらいだよね...(^ω^;)

岡崎は守備的だから格上には必要だけど格下に対して攻め続ける展開なら得点力のあるウジョア、ムサ、スリマニが優先されるだろう

ラニエリ監督が岡崎選手にシュートを打つなと言った。確かにリバプール戦で、90分中あるかないかの絶好チャンスで宇宙開発していては仕方ないかなと思う。狙うはバーディやマフレズのこぼれ玉で、そこを着実にゲットしていき、時々新聞の一面を飾る。

1 2





manuronaldさん

自分が気になったことをまとめていきます。



  • 話題の動画をまとめよう