1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

相次ぐ台風襲来で『食卓』への影響が深刻すぎる…

このところ東北・北海道を襲った台風により多くの食品が被害を受け、全国の家庭の食卓に深刻な影響を及ぼし始めている模様。

更新日: 2016年09月17日

futoshi111さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
35 お気に入り 60690 view
お気に入り追加

◆秋の味覚「サンマ」が品薄、価格高騰へ

漁の大半は、北海道や東北を拠点にしている漁船が行っている。しかし今年は8月に計6つの台風が接近・上陸。「出漁できない状態が続き、需給バランスがあっておらず、価格高騰を招いている」

宮城県の女川港では、先週から水揚げが始まりましたが、台風や荒れた天気の影響で漁船が漁に出られる回数が減っていることなどから水揚げ量が伸び悩み、漁業者からは不安の声が上がっています

道東沖のサンマ漁は、記録的な不漁だった昨季をさらに下回る可能性が色濃くなっている。専門機関によると9~10月も海水温が高いため沿岸にサンマが近寄らない予想

「資源量が減ってきているうえ、中国や韓国などによる排他的経済水域での乱獲、相次ぐ台風により操業できないことが要因」(根室振興局)。平年なら1尾100円が300~500円。天候次第で、今後も値上がり傾向に

本日の夕飯は新サンマ!といきたかったのですが、台風の影響で入荷できず…なので鮭ハラスとなりました!脂が乗ってて美味しかったです(^^♪ pic.twitter.com/r6w6hgvGD3

◆ジャガイモへの被害拡大でポテトチップスの生産に影響

農林水産省のまとめによりますと、台風10号による農林水産関係の被害額は、北海道でジャガイモやタマネギが水につかるなど、18の都道府県で410億円5000万円

カルビーはジャガイモの収穫に遅れが出ていることを受けて、新商品のポテトチップス4品の発売を延期した

カルビーは原料の約7割が北海道産だが、2017年2月以降、米国からの輸入拡大を検討する

「わさビーフ」を作る山芳(やまよし)製菓(東京)は3割減産する方針。スナック菓子大手の湖池屋(同)も出荷量の少ない商品の減産を決め、5日に小売店に伝えた

スーパーでたまたま見かけたポテトチップス。見た瞬間、嬉しくなっちゃったんです。 北海道産ってありますね。台風で大きな被害を受けたと聞いて心配していたんです。再び母なる大地の恵みを頂けることに感謝です。Grazie mille! pic.twitter.com/kF1Hc5I5G2

今年の台風、北海道集中はちょっと異常だよ。意図的? m_sadさん>台風10号による北海道、とくに十勝地方の被害は凄いみたい。 小麦20%、小豆50%、ジャガイモ30%とか?和菓子、ポテトチップスあたりはかんなりピンチか? pic.twitter.com/Ud96ksKQcS

◆他にカレーの材料となる食材も大打撃

野菜の価格が高騰したまま高止まりしている。タマネギやジャガイモ、ニンジンなどの価格は例年の1・5倍以上

カレーの具材の定番。安価で美味しく食べられるはずのカレーが台風の影響でまさかの高級品になってしまった

中でも散々なのがタマネギだ。北海道に次ぐ生産量を誇る佐賀県で、生育不良を招く「べと病」が流行、記録的不作に。5月ごろから高値が続いていたところに、台風10号が追い打ちをかけた

カレー専門チェーン・ココ壱番屋も「産地を切り替えるなどして食材確保はできている」(広報担当)というが、北海道内の産地や物流網の復旧が遅れれば遅れるほど、各社の食材調達力にも限界がくる

玉葱、高騰してるね。 近くのスーパーで、3個400円だった。 北海道での台風が影響しているらしい。 カレー好きの僕には痛い。 pic.twitter.com/iHvvQWL76Y

◆「キューピー」は多くの製品を販売休止に

キユーピーは16日、北海道に上陸した台風の影響で、トウモロコシや大豆の缶詰など14種類の販売を休止すると発表

アヲハタ・ほしえぬブランドのスイートコーンをはじめとした下記対象商品について、2015 年産の在庫と台風被害前に製造した分の出荷をもって販売を休止する

今年これまでに製造した分と、昨年の在庫の出荷を続けるが、数カ月程度で品切れになる見通し

1 2





futoshi111さん

「何度でも見てもらえるようなまとめ」をつくっていきたいと思います!



  • 話題の動画をまとめよう