1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

超豪華!CDが最も売れた1998年にデビューした"5人の歌姫"たち。

宇多田ヒカルさん、浜崎あゆみさん、aikoさん、MISIAさん、椎名林檎さん。この5人の歌姫は、CDが最も売れた1998年にデビューを果たしています。凄いメンバーですね~。

更新日: 2016年09月19日

yasuckeyさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
54 お気に入り 127410 view
お気に入り追加

■日本の音楽史上、アルバム最多売上げ記録を持つ歌姫「宇多田ヒカル」さん。

若干15歳にして歌手デビューを果たしたシンガーソングライター、宇多田ヒカル

1998年12月、宇多田ヒカルとしてファースト・シングル「Automatic/time will tell」で デビュー。一気に人気に火がつきデビュー曲はいきなりミリオンセールスを記録。

翌年1999年3月10日にリリースした初のアルバム"First Love"は900万枚を売り上げ、日本における史上最高の売り上げ記録を樹立した。

アルバムの歴代最高セールス記録はいまだ破られていません。

ギネスブックには、アルバムを3作連続で300万枚以上売り上げた「日本で最もアルバムを売ったアーティスト」として認定。

■この宇多田ヒカルさんがデビューした1998年は、CDが最も売れた年として有名です。

日本では4億5717万枚のCDが売れ、日本人は1人当たり世界一CDを買っていた国民だった。

その総数のうち、ミリオンセラーのシングルが14作、アルバムは25作という完全たるCD絶頂期を迎えていた。

■そんな年に宇多田ヒカルさんと共にデビューした"4人の歌姫"がいます。

①元祖歌姫として一世を風靡した「浜崎あゆみ」さん。

1998年にデビューシングルを発表し、その後数々のミリオンセラーを生み出した日本が誇る女性シンガー

1998年4月8日にシングル「pocker face」で 歌手デビュー。

以後、「TO BE」「Boys & Girls」などのヒットを重ね、着実に歌姫としての階段を駆け上がる。

シングルで「連続首位獲得数」(25作)、「通算首位獲得数」(37作)、「連続首位獲得年数」(12年)、「ミリオン獲得数」(5作)、「連続ミリオン獲得年数」(4年)、「総売上枚数」(2141.6万枚)、「通算TOP10獲得数」(48作)、アルバムで「1stからの首位連続年数」(13年)のソロ歌手記録を保持する。

②幅広い世代から愛される人気アーティスト「aiko」さん。

「カブトムシ」や「ボーイフレンド」などの人気曲で知られる女性シンガーソングライター aiko

感性豊かな歌と独特のトーク力で幅広く人気を獲得し、数多くの人気曲を生み出してきました。

音楽理論の型にはまらない自由なソングライティングが魅力で、ミュージシャンや音楽マニアからの支持も高い。

③ 5オクターブの音域の声を出せるという実力派女性歌手「MISIA」さん。

1 2





yasuckeyさん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう