1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

認識の低さが問題?「日本での人身取引」がかなり深刻

「人身取引」と言えば発展途上国の話...というようなイメージがありますが、「日本での人身取引」がかなり深刻なことはご存知でしょうか?

更新日: 2016年09月19日

musinoneさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
64 お気に入り 148037 view
お気に入り追加

「人身取引」と言えば発展途上国の話...というようなイメージがあります

日本には誘拐などの強制手段ではなく、アジアの女性の多くは親に売られて日本に来ます

アジアの経済大国である日本は、主要な人身取引の目的国(受け入れ国)の一つです

実は日本における「人身取引」が深刻な問題になっていることをご存知でしょうか?

決して貧困にあえぐ他国の話ではなく、日本にも存在する現在進行形の社会問題である

性産業で強制的に労働させられるケースが増えている

日本人の女性が性風俗産業で強制的に働かされるケースが増えている

日本は主にフィリピンやタイ、コロンビア、東欧諸国、CIS諸国などから連れて来られた人身取引被害者の目的地になっていることが分かっています

騙されて日本にやってくることも多い

自分の意思に反して労働や性的な仕事を強要されるケースは、絶対数で言えばもちろん日本人の方が多い

「援助交際」という現象や、さまざまな形態の「JK(女子高生)ビジネス」が、日本人児童の買春を依然として助長している

バー、クラブ、売春宿およびマッサージ店で強制売春をさせる目的で外国人女性を日本へ入国させやすくするために、外国人女性と日本人男性との偽装結婚を利用する

性的目的の人身取引で言えば、夜の繁華街で見かけるアジア各国の女性たちが、実は騙されて日本に連れてこられ、性風俗産業への従事を強要されているケースは本当に多くあります

そもそも「人身取引」とはどういうこと?

暴力、脅迫、誘拐、詐欺などの手段を用いて場所を移動させられたり、支配下に置かれたりして、売春や風俗店勤務、労働などを強要される犯罪であり、重大な人権侵害

日本政府は国際組織犯罪に取り組むという視点から、「人身取引」という言葉を用いています

かねてから日本は対応の遅さを指摘されている

日本は現在主要7カ国で唯一、上から2番目の「対策不十分」でアジア諸国などからの人身売買の目的地・中継地になっているとされています

日本はつい最近まで、国内に人身取引を包括的・専門的に扱う法令や行政組織がないことなどから、国内外から厳しい批判を受けていました

日本政府は、人身取引撲滅のための最低基準を十分に満たしていないが、満たすべく著しく努力している

認識の低さが対応の遅れになっているという指摘も

1 2





musinoneさん

のほほんとまとめています。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう