1. まとめトップ
  2. カラダ

レギンスはダメ!運動時にやってしまいがちな“NG服”

スポーツの秋。スポーツウェアを選ぶときの、注意するポイントは…?

更新日: 2016年09月20日

mirandooさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
283 お気に入り 218349 view
お気に入り追加

最近、皮膚科医が注意しているのが…

【理由は…】
皮膚トラブルの原因になる。毛嚢炎になると、毛包が閉ざされ、炎症を起こしてしまうし、イースト菌感染症も引き起こしやすい

レギンス、通気性の悪い下着を着用していると、湿度があがり、細菌に感染しやすくなります。

素材選びに気を付けたい

綿は吸湿性はよいのですが、水分が蒸発しにくく、肌にべたっとついて不快感があり、体の動きも妨げます

ポリエステルやライクラなどの合成繊維が、冬は暖かく夏は涼しく、乾燥性に長けています

下着もいっしょで

【理由は…】
男女ともに、快適性を求めるなら、下着の素材選びが重要です。綿はよくありません

スポーツシーンにおける胸は上下に揺れるだけでなく、360度動き回る。これにより、クーパー靭帯が千切れて胸が垂れ下がってしまう

先日買ったForever 21のスポーツウェアが予想以上に良かったので買い足した。ここのウェアは背中が可愛い!ブラのサイズは一番小さいXSが、普段65Eの私に良い感じです! pic.twitter.com/k7on5HOODP

サイズ感をしっかり確かめるのが良さそう♪

多くの人がやってるのがコレ

【理由は…】
多くの人が本来のサイズより大きめを履く傾向があります。足が動いてしまい、マメや靴擦れの可能性も高まります

どんなに良いシューズを選んだとしても、サイズが合わなければ膝や腰を痛めてしまう

5本指タイプや足袋タイプの靴下は、指で地面をしっかりと捉えることや、ムレや指同士の摩擦を防いでマメができにくい

体型隠しの服もよくないみたいで…

【理由は…】
体型が隠れているため体の変化や動きを見ることができず、正しい動きや姿勢ができていないで運動してしまい効果が出にくくなることも

サイズが大きなヒップホップスタイルやヨガのフレア系パンツは、種目によっては動きにくい場合があります

せっかく買っても結局着ない…ということもあるんだとか

1





mirandooさん



  • 話題の動画をまとめよう