1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

世紀の大発見かも… 世界最古の釣り針が沖縄に存在していた

サキタリ洞で世界最古とも言われる釣り針の歴史的発見がありました。今回の発見によって沖縄人の食生活やルーツなどが解明される日が近くなっています。

更新日: 2016年09月20日

rouran2008さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
21 お気に入り 18768 view
お気に入り追加

沖縄のある遺跡で世紀の発見が

沖縄県南城市の観光施設「ガンガラーの谷」内のサキタリ洞遺跡で、約2万3千年前の世界最古の釣り針が発見された

同館は「陸上での狩猟が中心と考えられていた旧石器時代の新たな一面がうかがえる貴重な資料だ」としている

沖縄県立博物館・美術館などの研究チームが発表し、論文は19日(米東部時間)以降、米科学アカデミー紀要電子版に掲載される

この発見によって、これまで考えられていたよりもずっと昔から、沖縄周辺に釣りの技術が存在していたことが示された

世界最古の釣り針とはどんなものか?

釣り針は円すい形の巻き貝の底を円弧状に加工し、一方の先端をとがらせたもので、円弧の直径は1・4センチ、厚さは1・5ミリ

そのうちの一つは、完成したものだが、もう一つは作りかけのものだった

国内では神奈川県横須賀市の夏島貝塚で出土した1万~9千年前(縄文時代)の釣り針が最古とされていた

銛やヤスによる突き漁、小型の骨製U字型釣り針が出土している

旧石器人の食生活もだんだんと明らかに

サキタリ洞遺跡からは、高級食材の上海ガニの仲間モクズガニのはさみや、オオウナギの骨、巻き貝のカワニナの殻などが出土した

資源の限られた島の環境では居住が長期間続くのは困難だと言われていたが、2万年以上にわたって漁労をして生活してきたことが分かった

発見現場となったサキタリ洞とは何か?

妖精の森とも言われる秘境にその遺跡は存在します。

沖縄本島南部にあり、洞窟などの秘境巡りを楽しめる観光地「ガンガラーの谷」にある洞穴遺跡

遺跡からは、国内で二番目に古い三万年前の幼児の骨や、三万五千年前の焼けたシカの骨も見つかっており、この頃から旧石器人が生活していたようだ

この発見に驚きの声が出ている

「先人の知恵」と言うには、 余りに古いが2万3千年前とは凄いね。 日本が大陸と陸続きの時代で 沖縄も繋がってた可能性が高い時代。 食べる為に釣り針は何時発明されたんだろうね。 twitter.com/bbcnewsjapan/s…

2万3千年前に魚を釣っていたと思うとわくわくしてくる。世界最古の釣り針、沖縄で出土 旧石器時代に貝を加工か:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/ASJ9L…

1 2





rouran2008さん

海外ニュースなどの興味があるまとめを作って楽しんでいます。
みんなの役に立つまとめを提供したいと思います!

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう