1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

サンゴのためにアイツを掃除、将来は“海のルンバ”が活躍しそう

ルンバの技術を応用した海のお掃除ロボットについてのまとめです。

更新日: 2016年09月21日

asuho_manさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
12 お気に入り 20902 view
お気に入り追加

世界中で危機に瀕しているサンゴ

地球温暖化により、サンゴが死ぬような高水温になる年が増えている。サンゴが弱ると、オニヒトデのようなサンゴを食害する生物もサンゴを食べやすくなる。

原因の一つは外来種のミノカサゴ

米沿岸で1980年代から繁殖するようになった外来魚のミノカサゴ。美しいサンゴ礁をわずか数週間で荒廃させ、在来魚も次々に餌にして、米ロードアイランド州から南米ベネズエラにかけての大西洋に面した一帯で被害を拡大させてきた。

ミノカサゴはその適用能力の高さから「ダーウィンの悪夢」とよばれることもあります。彼らは何でも食べることができ、海水だろうと低温の水だろうと高温の水だろうと、どんな環境でも繁殖できてしまいます。

色々な取り組みがなされてきたが…

例えばバハマ諸島のミノカサゴは、ブダイ科に属する魚など植物を食べる生き物を食い尽くし、その結果藻が大量発生してサンゴ礁の生態系に多大なダメージを与えました。

ミノカサゴは食物連鎖の頂点に位置していて天敵は存在せず、繁殖力が強く順応性も高い。これまでのところ、繁殖を食い止める手段は確立されていなかった。

そんな中、“海のルンバ”の活躍が期待されている

しかし、その対策の決め手となるかもしれない駆除ロボットの開発が進んでいる。

サンゴの天敵ミノカサゴの駆除に向けた装置の開発がすすめられている。そこには、ロボット掃除機「ルンバ」の技術も採用されているという

駆除ロボットの開発を持ちかけられ、資金提供の申し出も受けたアングル氏は、帰国するとすぐに非営利組織(NGO)のRISEを創設。

駆除ロボットは水中でカメラを使ってミノカサゴを探し、見付けると2枚の電極ではさんで感電死させる。死骸はロボットの体内に吸い込んで回収する。

ネットでも話題に

天敵がいないなら、作ればいい、か サンゴの天敵ミノカサゴ、駆除ロボット開発へ 「ルンバ」応用 cnn.co.jp/fringe/3508926… @cnn_co_jpさんから

水中ルンバめっちゃ強い サンゴの天敵ミノカサゴ、駆除ロボット開発へ 「ルンバ」応用 - (1/3) cnn.co.jp/m/fringe/35089…

電撃ルンバと考えると夢が広がりすぎる:サンゴの天敵ミノカサゴ、駆除ロボット開発へ 「ルンバ」応用 cnn.co.jp/fringe/3508926… @cnn_co_jpさんから

水中用に改造されたルンバが魚を駆除するのかと思ったら微妙に違った。 サンゴの天敵ミノカサゴ、駆除ロボット開発へ 「ルンバ」応用 cnn.co.jp/fringe/3508926… @cnn_co_jpさんから

ミノカサゴってかなりの毒があるとテレビで見た。刺されるとヤバイですよね?素人が扱って大丈夫なのかな? / “CNN.co.jp : サンゴの天敵ミノカサゴ、駆除ロボット開発へ 「ルンバ」応用 - (1…” htn.to/2faTQR

サンゴの天敵ミノカサゴ、駆除ロボット開発へ 「ルンバ」応用 cnn.co.jp/fringe/3508926… <「駆除ロボットは水中でカメラを使ってミノカサゴを探し、見付けると2枚の電極ではさんで感電死させる。死骸はロボットの体内に吸い込んで回収する」ギャーΣ(; ゚д゚)!

1 2





asuho_manさん

漫画、政治経済問題、スポーツなど幅広くまとめていきたいと思います。分かりにくく複雑な事をシンプルにまとめたいと思います。



  • 話題の動画をまとめよう