1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

武井壮からも心配する声「ハイビーム」問題に潜む闇どう思う?

秋の全国交通安全運動の重点項目としてハイビーム使用が話題になっている。道路交通法と現状の間でネットからも様座な声が上がっています。

更新日: 2016年09月21日

39 お気に入り 135730 view
お気に入り追加

警察庁が安全運動の重点項目としてハイビーム使用を呼びかけている

車にはねられた昨年1年間の全国の死亡事故625件のうち、96%の車のライトがロービームだった

同庁はハイビームを使っていれば防げた事故もあるとみており、21日から始まる秋の全国交通安全運動の重点項目としてハイビーム使用を呼びかける。

昨年の交通事故の死者は4117人。このうち、自動車や自転車などに乗っていた死者は2571人で、過去10年で46%減少した。

夜間の死亡事故625件では、ロービームが597件を占め、残りはハイビーム9件、補助灯6件、無灯火13件だった。

そもそも車の「ロービーム・ハイビーム」とは?

ロー‐ビーム(low beam)

自動車のヘッドライトを、やや下向きに投射すること。対向車・先行車の運転者の眩惑(げんわく)防止のほか、霧や雪で光が反射される場合に用いられる。

ハイ‐ビーム(high beam)

自動車のヘッドライト(前照灯)が上向きの状態のこと。

最低前方100mまで照らすことができるため、対向車のいない夜間の細い私道や住宅街などでは使用することが安全につながる。

道交法では「ハイビームが基本」

基本的に夜間はハイビームを使用し、対向車とすれ違ったり、前方車がいたりする時はロービームを使用するよう定められている。

ヘッドライトは、ハイビームこそが通常モードで、ロービームは減光モードということになります。

都心などではこのハイビームの規則は有名無実化しているが、法規は知っておいて損はない

この「ハイビーム問題」はネットから様々な声が上がっています。

本当にそうするべきなんだろうか。。対向車がハイビームでまるで前が見えない時もある、ハイビームで見えない事故の方が増える気がするんだけど。。車が迫ってるのに車道に出ることを防ぐことも同時に唱えなきゃいつまでも事故は減らないと思う。。。 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160921-…

そりゃハイビームで走っている車少ないんだから必然的にハイビームの事故率は低いでしょうよ。

ハイビーム基本なのはしってるけど対向車多いからやらない

自転車で狭い道を通ってて、反対側の道からハイビームの車が来たりすると 前が見えなくて、近くにいる歩行者とぶつかりかねない。

常時ハイビームにしたら対向車の目が眩んで事故る確立上がるだろ常識的に考えて・・・

ハイビーム推奨の流れだけど、1、2台たまにすれ違うだけでも眩しくてイラっとするのに、皆が皆ハイビームにしたら眩しくてイラっとするどころか目がやられてあぶないと思うんだけど

一方で理解を示す声も…

1 2





キメラのつばささん

楽しい時間を過ごせるまとめを意識して行きますので、よろしくお願いします。

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう