1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

電話番号も売られていた渡辺美奈代の壮絶なアイドル時代

デビュー30周年を迎えた渡辺美奈代が壮絶なアイドル時代を告白。そこには現在では考えられないストーカー行為もあったようです。

更新日: 2016年09月21日

20 お気に入り 77553 view
お気に入り追加

・芸能生活30周年を迎えた渡辺美奈代

「原点回帰して皆さんと盛り上がれる素敵な一年にしたいと思っています」と記念日に際して抱負を綴っている。

・渡辺美奈代略歴

85年に「おニャン子クラブ」入り、現在は2男の母。

初シングル「瞳に約束」から5作連続でオリコン1位という大記録を当時、打ち立てた

87年9月、おニャン子クラブ解散後は、歌手活動や女優業の他、バラエティ番組でも活躍。

・息子を溺愛していることで知られている

美奈代は矢島の行動をすべて把握したがり、どこかに出かけたときも頻繁に連絡をするのだという。

さらに収録中にもLINEに次々と「おーい(返事しろ)」という連絡が入る様子も流され、無視していると、30秒おきに留守電が着信。

居場所特定アプリで矢島の行き先を追跡、友人宅の前に車で張り込む様子も

・そんな渡辺美奈代がアイドル時代の壮絶な過去を告白

渡辺美奈代(46)と浅香唯(46)が20日に放送されたテレビ朝日系「中居正広のミになる図書館」(火曜・後11時15分)でアイドル時代のエピソードを語った。

少し遅れて1988年に結成されたSMAPの中居とともに、当時の禁断の裏事情を語り合った。

自宅の電話番号が売られていたことを明かした渡辺は「フジテレビの前で住所が5000円、電話番号が1万円で売買されていた。売ってた人は高級車に乗っていた、カメラ小僧さん」と衝撃エピソードを披露。

中居ももちろんのこと、他のアイドルの番号も漏れていたようで、渡辺は「(中森)明菜ちゃん、(松田)聖子ちゃんはウン十万の世界だって」と破格の値段で取引されていたことも明かした。

・引越し先のマンションの屋上にファンが住み着く

渡辺は「事務所の人が引越し先を決めて、自分も知らない場所に引越したのに、すでにポスター持ってファンの方がズラ~っと並んでいたの。マンションの屋上に生活されてた方もいた」

マンションの屋上にファンが住み着き、「シャワーから出たら、郵便受けのところから男の子がのぞいていた」と恐怖体験を語った。

別の対談では?

「私が乗る路線沿いに男子校があったんですけど、一度、車両が私以外全部男子になって、体が触られ放題になっちゃったことがあるんですよ。」

・今後は30周年記念コンサートも

1 2





ユーロの行方さん

このまとめに参加する



  • 話題の動画をまとめよう