1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

ついに警視庁が改善要請へ…「ポケモンGO」が社会問題化している

東京・お台場で道路をふさぐなどの騒動になったポケモンのゲームに対して、警視庁とメーカーが改善策を協議です。ニュースをまとめ。

更新日: 2016年09月22日

isaaccさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
48 お気に入り 188417 view
お気に入り追加

○お台場に数百人殺到…警視庁改善要請へ

東京・お台場で道路をふさぐなどの騒動になったポケモンのゲームに対して、警視庁とメーカーが改善策を協議です。

数百人が信号無視や車道を歩くなどの騒ぎが18日に起き、警視庁東京湾岸署はゲームの運営会社と協議し、安全対策を講じるよう求めた。

「ポケモンGO」の珍しいキャラクターが出現したとの情報が出回り、数百人が信号無視をしたり、道をふさぐなどしたため、110番通報が相次ぎました。

○お台場周辺はレアキャラが出没するという

お台場周辺は、「ポケモンGO」のプレーヤーの中では珍しいキャラクターが出現する場所として知られています。

「ポケモンGO」の珍しいキャラクターが付近に出現し、それを捕まえようと大勢の人が熱中して異様な雰囲気だったということです。

○ポケモンGOでお台場混乱

出現することが少ないポケモン「ラプラス」を捕獲しようとした300~400人がお台場のレインボーブリッジたもと付近に集まった。

いわゆる「ポケモントレーナー」数百人が、「お台場で珍しいモンスターが出現する」とのネット上の情報を受けて、殺到した。

○ネットを通じ、出現情報が広まったか

○湾岸警察署は担当者を呼び、事態の改善に向けて協議

東京湾岸警察署は20日、「ポケモンGO」の運営会社の担当者を呼び、事態の改善に向けて協議した。

同署は20日にゲーム運営会社の担当者を呼び、混乱を抑えるための対策や、利用者への啓発方法などについて協議した。

同署は「事故につながりかねず危険なので、交通ルールを守って安全に楽しんでほしい」と呼びかけている。

○この問題は世界中で社会問題になっている

インターネットの掲示板では、「ラプラス」のような珍しいキャラクターが出現した場所が書き込まれるなど情報交換がされています。

そうした場所には多くのプレーヤーが押し寄せ、私有地に無断で立ち入る人が出るなど世界中で社会問題となっています。

ゲームが7月に配信されて以降、同署には私有地への無断侵入や車の駐車違反などの110番通報が増えているという。

1 2





日々気になったニュースをまとめます。
皆様の役に立てるよう頑張ります。



  • 話題の動画をまとめよう