1. まとめトップ

【バスケットボールシューズ】歴史に残るバッシュ【キックス/スニーカー】

歴史・思い出に残るバッシュを判断緩めで集めてみます。 今後語り継がれるであろうモデルも勝手にアップしていきます。

更新日: 2014年10月29日

newaladc7さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
191 お気に入り 1234835 view
お気に入り追加

漫画「スラムダンク」の主人公が着用したAir Jordan 6の特別バージョン。
背番号10の刺繍が入り、漫画のイラストが全体にプリントされている。

初代ドリームチームにアイザイア・トーマスが選出されたならば着用したであろう幻のシューズ。 実力的には選ばれていても当然でしたが、選考から漏れ、アシックス初のドリームチームモデルもお蔵入りに・・・。 トーマスだけでなく、アシックスの方も相当がっかりしたことでしょう。

1998年 スター候補生のルーキーだったビンス・カーターと契約したプーマ。
ついにプーマがバスケ市場に本格参入かと思いきや・・・。
肝心の契約選手のカーターが「足に合わない」という理由で、競合メーカーのシューズを履きだして大騒ぎになりました。
14億円の賠償金支払いを命じられ、ナイキが契約の代わりに支払うことで落ち着きました。

90年代後半にバスケ市場に参戦し、その後NBAから影をひそめているFILA。
当時は将来のスター候補とされたジェリー・スタックハウスと契約し、オリジナルシューズを発表しました。
モコモコしたデザインですが、モチーフはお菓子の「スニッカーズ」だそうです。
その後、スタックハウスは期待ほどの派手なスターには至らず、安定感のある選手としてチームを移籍し、シューズもナイキなどを履いていました。
今も現役ですが、なんと2012年になってルーキー時のFILAのシューズを再び履いてプレイし、そのシューズに注目を集めています。
NBA選手の間でも90年代のシューズが密かなブームという噂も・・・。

2012-2013シーズンのドゥエイン・ウエイドの専用シューズ。 
ジョーダン・ブランドの看板選手だったウェイドが次に選んだのは、まさかの中国ブランドでした。
一見すると最近のナイキに影響されていそうなデザインですが、靴紐がウェイドの「W」字になっているのは一工夫ですね。
中国ブランドというとチープな感じはしますが、実は価格帯はナイキやアディダスと大差なかったりします。
大物スターとの契約で、これから「リーニン」人気に火が付く可能性は十分あります。

バッシュかどうかは定かではありませんが、雑誌の通販ではバッシュにカテゴライズされていました。 
紐の無いシューズは当時革新的だったものの、万人受けしないカラーリングと高価であったことから購入した人は多くなかったようです。

レイジョン・ロンドのバッシュ。
昔のバッシュはゴツいイメージでしたが、最近のナイキのバッシュはかなり軽量化されていて、このシューズのサイドはメッシュ素材です。 
カラーリングも爽やかでテニスシューズのようなイメージもあります。

クリス・ウェバー初のシグニチャー。
フォアフット(前足部分)ビジブルエアを初搭載したバッシュ。
(但し、セールス的には成功とはいえず、ヒットしませんでした)

デビッド・ロビンソンの1992年モデル。
リーボックのイメージが強い「ポンプシステム」が搭載されたセンター向けハイカットです。
配色も渋い・・・。

コンバースのシューズなのに、ベロの裏にはジャンプマンマーク!

記念セットですが、別ブランド(Air jordanとコンバース)同士のコラボなんて凄いです。 コンバースのシューズの中敷きにジャンプマンマークが入っています。

このシューズをペニー・ハーダウェイが履いているのを見たときの衝撃といったら・・・。
ハイテクスニーカー人気が下火になった頃にリリースされましたが、このモデルからフォームポジットがシリーズ化されていきました。

スコッティ・ピッペンがオールスターゲームで着用したのは真っ赤なこのモデルでした。 
色違いを日本でもよく見かけました。

当時チャールズ・バークレーとサンズでチームメイトだったケビン・ジョンソンのシューズ。 ランニングシューズのように異常に軽かったです。

靴の中にフィット感のある靴下が入ったようなシューズです。

丸い玉のような物がサイドに付けられていて、それまでになかったデザインで斬新でした。

シャック最後のインパクトのあるバッシュ。 この後、彼が何を履いているかは、意識しなくなってしまいました・・・。
あとは映画「メン・イン・ブラック」でウィル・スミスが履いていたのを覚えています。

バッシュではないかもしれないですが、バック・トゥ・ザ・フューチャー内で登場した靴が発売されるとの噂です。

なぜか日本で未発売のポール・ピアースのバッシュ。 いい具合にレトロ感もあって日本でも人気を呼びそうなのですが。 色々と事情があるのでしょうかね・・・。

トレイシー・マクグラディーの活躍により、シューズにも注目が集まりました。 バスケでアディダスのシューズが再び注目を集めだしたのは、彼の功績も大きいでしょう。

レトロ感があって格好いい。 AIR JORDANⅠのデザインエッセンスを取り入れているそうです。

レイカーズカラーですが、他にも色々なカラーリング展開がされました。ハイテクの普段履きは履きこなしが難しいですが、このモデルはアメリカのミュージシャン達に普段履きとして愛用されたそうなんです。

ブランドン・ジェニングスのシューズ。 バスケット業界に本格進出です。 もはやデザインが斬新なだけでは新鮮さがありませんが、このシューズは他と何か違う洗練されたものがあり、人気が出るのも頷けます。

踵に「Air」という文字が入っていましたが、「アラー」という文字に読めるといったクレームがつき、リリースが遅れました。 リリース時はデニス・ロドマン向けでしたが、ロドマンがコンバースと契約し、ブルズと同じ赤黒のカラーリング展開のできるマイアミ・ヒートのティム・ハーダウェイ向けシューズになりました。

NIKE契約前のレイジョン・ロンドのシューズです。 ボストン・セルティックスのクローバーが散りばめられていて可愛い感じに仕上がっています。

映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」に出てきた未来の靴をモチーフにデザインされたシューズです。 コービー・ブライアントが宣伝していました。

コービー・ブライアントが一時期(といっても結構長い期間)履いていた地味なシューズがこれです。 それほど履き心地が良かったのでしょうか。
トップ10のネーミングの由来は、NBA、NCAA、高校のトップ10人の選手の意見を取り入れてアディダスが作ったからだそうです。

人気・活躍共に文句のないスターだったピッペンに何故シグネチャーが無いのかずっと疑問でした。 
後からプロ入りした選手のシグネチャーモデルが販売される中、ずっと待たされましたが、遂にピッペン専用モデルが作られました。その初代モデルです。

トルコ世界選手権でやはり特別な選手であることを証明したケビン・デュラント。 
NIKEは彼がNBAに入ったその年から専用モデルを与えました。 早すぎると思ったのですが、その判断に間違いはなかったようです。

モンタ・エリスのシグネチャーシューズ(専用)です。 NBAに少し詳しい程度の人ならまず知らないプレイヤーだと思います。 
しかし、そんな若手選手に専用モデルを与えるのは、逆に選手にもメーカーにもプレッシャーがかかることかもしれません。

1 2 3 4





newaladc7さん

はじめまして! 

このまとめに参加する