1. まとめトップ

【鳥肌】歴代のアメリカ国歌斉唱ベストパフォーマンス【確実】

理屈じゃなく心に響く歌の力、そしてアメリカという、世界の暫定キングのポルトレ(肖像)。アメリカ国歌「The Star-Spangled Banner」のベストパフォーマンス映像です。

更新日: 2016年11月07日

131 お気に入り 335582 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

satoshiokadaさん

まずは音と画で堪能するNational Anthemを。カントリーミュージック・グループDixie Chicksによるスーパーボウルでの国歌斉唱。信じがたい映像のスイッチングの妙を味わえる、非常に完成度の高い「The Star-Spangled Banner」だ。

1991年の第25回スーパーボウルで披露したホイットニー・ヒューストンの伝説的な国歌斉唱。アメリカという国の力強さをもっともよく表現した、今もなお語り継がれるパフォーマンスだ。近所のジム帰りみたいな格好はご愛嬌。

個人的にはベスト1といってもいいぐらいかっこいいマーヴィン・ゲイによる「The Star-Spangled Banner」。セクシーすぎる!1983年のNBAオールスター戦でのパフォーマンス。

マーヴィン・ゲイの娘、ノーナ・ゲイが亡き父と歌う。1983年、NBAオールスター戦で見せた父の伝説的パフォーマンス映像とデュエット。これまたかっこよすぎて死ぬ。

マライア・キャリーの艶っぽくてセンチメンタルな国歌斉唱。彼女の特徴であるハイトーンボイスも聴けます。

オバマ大統領2期目の就任式での国歌斉唱が口パクだったのではないかと疑われたビヨンセ。全米で大騒動になった渦中の人は、その後開かれた、スーパーボウルの記者会見でレコーディング音源であったことを認めると、居並ぶ記者全員にむかって起立を要請し、なんと突然アカペラで国歌斉唱。歌い終えると拍手喝采の会場に向かって「何か、ご質問は?」。かっこよすぎるビヨンセの、伝説的パフォーマンスです。

いまやアメリカを代表する歌姫、テイラー・スウィフトによるナショナルアンセム。カントリー歌手らしくアコギ1本で優しく歌い上げています。08年のワールドシリーズより。

言わずと知れたジミ・ヘンドリックスによるバージョン。1969年のウッドストックで披露したそれは、泥沼化したベトナム戦争への批判として、爆撃機が空襲を行い、民衆が泣き叫び逃げまどう様子をギターの音で再現しています。

2013年6月28日、アメリカ・ニューヨークであったLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダーを意味する略称)のためのイベント「NYC Pride Rally」の前夜祭に「サプライズ出演」した歌手のレディー・ガガのパフォーマンス。感動的なスピーチの後、1分5秒あたりから。

2011年のスーパーボウルより、クリスティーナ・アギレラの歌唱力をこれでもかと見せ付けられるパフォーマンス。圧巻。

デスティニー・チャイルドが2006年のNBAオールスター戦でみせたパフォーマンス。

キューバ出身のジャズ・トランペット奏者、アルトゥーロ・サンドヴァルの演奏。トランペット1本でこの表現力!

アメリカの偉大なピアニスト、ウラディミール・ホロヴィッツによる、ホワイトハウスでのパフォーマンス。1978年当時のジミー・カーター大統領の前で演奏された映像です。演奏は5分ぐらいから。

2009年、ヤンキース対フィリーズのワールドシリーズ第3戦。FOXドラマ「gree」のメンバーが国歌斉唱で登場!アンバー・ライリーの歌唱力が堪能できる。

これは貴重!1992年のフェスにて。ステージでひととおり暴れ回ったあと、カート・コバーンがおもむろに「The Star-Spangled Banner」を演奏します。2分50秒から。

オノ・ヨーコの世界観による「Star Spangled Banner」。博物館で伴奏が流れる中、ヨーコは魂の叫びを上げ続けます。一期一会のパフォーマンスです。

2004年、東京ドームで行われた巨人対デビルレイズ戦にて。故・本田美奈子がアメリカ、日本、両国の国歌を斉唱しています。両国の国歌をひとりの歌手が歌う、珍しいケース。

これもまたアメリカの精神を記録した動画。うまく歌えない男のために、「おいおいがんばれ!」と観客が一緒になって歌う。

2003年4月25日のポートランド・トレイルブレイザーズ対ダラス・マーベリックス戦。緊張のあまり、途中で歌詞が飛んでしまい歌えなくなった少女ナタリー・ギルバートに、モーリス・チークスコーチが寄り添い観客と共に最後まで歌う。

途中の音声トラブルで、マイクが切れてしまうが、会場のみんなが一緒に歌ってカバー。素敵。

日本人コーラスグループが、セイフコフィールドで披露した「The Star-Spangled Banner」。浴衣姿と球場と国歌のシュールな組み合わせ。

家族を殺害されるという事件後、活動を休止していたジェニファー・ハドソンが復帰を果たした、2009年のスーパーボウルでのパフォーマンス。iTunesでも売ってるようです。

映画「(500)日のサマー」でキュートな演技をみせたズーイー・デシャネルによるパフォーマンス。彼女は2006年に「シー&ヒム」を結成して音楽活動もやってます。ちなみに姉はFOXの人気ドラマ「BONES」主演のエミリー・デシャネル。

スーパーボウルで披露したビヨンセによる現代的な歌唱の「The Star-Spangled Banner」。最後のドヤ顔、素敵です。

2009年ワールドシリーズよりアラニス・モリセットのパフォーマンス。奇をてらわないストレートな歌い方。下から見上げる撮影をしていて、映像の抜けがよく気持ちよく聴ける一品です。

日系5世のアメリカ人ウクレレ奏者、ジェイク・シマブクロによるパフォーマンス。ウクレレひとつで強弱の激しい「The Star-Spangled Banner」を演奏しています。

日本でもデビューしたフィリピンの天才少女、チャリス・ペンぺンコの超絶国歌斉唱。すごすぎる!

スティービー・ワンダーによるファンクなバージョン。同じく目の見えない女性歌手とともに歌っています。

アメリカン・アイドルのシーズン4で優勝し、2007年グラミー賞最優秀新人賞を受賞したキャリー・アンダーウッドのアカペラ。会場のお客さんも一緒に歌える、スタンダードな歌い方。

コーラスグループThe Cactus Cutiesのパフォーマンス。YouTubeで評判となり、さまざまなメディアに取り上げられました。テレビ出演時の国歌斉唱はこちら。http://www.youtube.com/watch?v=PItHw8a7MIQ

1 2





このまとめへのコメント1

  • ワールドワイドさん|2012.06.02

    見た目やその表面的なことにばかり捉われて、物事の最も大事な局面を見落とす
    アメリカが祭典や国家の行事で何故、あそこまで国家三唱にこだわるのか
    多くの人間はそのことに気付かないし、いいように動かされてる
    そういうことを、アメリカ国民でもない日本人が奴隷根性まるだしで
    称賛している姿には、憐みと怒りをかんじざるおえない。
    この国が国家建国や統制、国力繁栄のために何を行ってきたか
    また何を行って「いるのか」。そういった大切な部分を
    見落とすべきではない、アメリカの国家National anthemは
    聞いてかっこいいと好印象を国民にもたせ、アメリカ人としての
    誇りやあらゆる人種の統率の最も簡単な手っとり早い方法として
    考え出されたことを、何人の人間が理解しているのだろうか
    物事の本質を見誤ってはダメ

1