1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

【中小企業必見】倒産の予兆、前兆を教えてください ⇒取引先の倒産を予知する方法

こんなサインを見逃すな!会社倒産の前兆について詳しく解説。転職、退職、定年、リストラなど職や仕事に関する悩みや疑問を一気に解決します。

更新日: 2012年03月05日

82 お気に入り 338451 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ハリマ0さん

資金繰り

1. メインバンク、取引銀行に変りがある。
2. 短期借入れが多くなっている。
3. 金融機関の貸し渋りにあっている。
4. 銀行(信用金庫、信用組合等を含む)以外の金融機関から借金をしている。                     
5. 取引先への支払(手形サイトなど)が延びている。
6. 経理責任者の急な解雇・退職などがある。
7. 「不渡り手形を出しそうだ。」などの変な噂がでる。
8. 融通手形が出回る。

出典倒産の予兆

経営実態の説明

1. 会社の資産に対して新しい抵当権が設定されている。あるいはこれまで設定されていた抵当権が抹消されるなど変化がある。
2. 社長や役員の間に会社運営をめぐって対立が発生し、中枢の人事異動が激しい。
3. 取引銀行等への対応に不自然な動きがある。

出典倒産の予兆

(1)社長・役員が不在のことが多い
(2)有能な幹部が退職している
(3)経理担当者が不在がちだったり退職している
(4)在庫に極端な増減がある
(5)過度な安売りをしている
(6)売上高の横這い・減少が3年以上続いている
(7)不動産の担保権者に個人名が入っている
(8)事務所やトイレが清潔ではない
(9)会議が急に多くなっている
(10)規模のわりに子会社(関連会社)が多すぎる
(11)イメージ先行型の社名変更が頻繁にある
(12)極端な秘密主義である

出典倒産の予兆

会社が必然性のない分社化を始める

出典倒産の予兆

・社長や専務がやたらとゴルフや飲みに出かける
↑金策

出典倒産の予兆

社長と雑談してて、
「独身だから結構貯金してるんでしょ。」
とか言われて、突然、
「会社の運転資金として少し貸してくれない?利子つけて返すから。」
って切り出された。
もうこの会社ヤバイんだろうか?

出典倒産の予兆

①新事業に乗り出したが、はじめたとたんそのことについていっさい触れなくなった。
零細だったが、社長と副社長だけで抱え込んでんだ。
②社長の弁当が粗食になった。
③給料のシステムがここ2年ほどで何回かわったやら。「お前らに得するようにしてるんやぞ」と言うが、どっから計算してももともともらってた額に達しない。どんだけ成果だしても。
④社長が誰かとよく電話で話している。

出典倒産の予兆

3年前。
総売り昨年対比90%以下になる
プロパーを殆ど雇わなくなり、辞めた穴埋めを中途で補う。
給料の大改革が行われる。
能率主義とかいいながら95%以上の社員が年収減(特に管理職は200万とか落ちる。
2年前
総売り85%切る
ボーナスが1ヶ月以下に落ちる。
精神論が横行しだす。主に昨年対比に対してキチガイのようにうるさくなる。
激務なのに社員を雇わない。
アルバイトの給料を残業分カットしたり、交通費を削減したりする
1年前
総売り80%切る
ボーナスカット(親を持たない会社
今までの精神論が嘘のように静まる(既に再編に向けて動いている
店舗や事業所の閉鎖が相次ぎ残業などは減っていく。

倒産!!!!

出典倒産の予兆

・社長の様子がおかしい。
・金融関係からの電話が多くなった。
・給料の遅延(最初は2、3日の遅れ)。
・取引会社の担当者が不自然に上司と一緒に訪問してくる。
・古参の事務員が退職する。

出典倒産の予兆

(1)社会保険の滞納で差押通知がくる。
(2)社長が外部のコンサルタントにべったりになる。
(3)経理担当が相次いで退職
(4)経理が支払いの繰延を取引先にお願いする(手形のジャンプも含む)
(5)監査法人の変更

出典倒産の予兆

(1)給与に細工が入り出す(賞与のルールが変わったりとか)。
(2)有能な社員が連続で辞める。
(3)ターゲットとなる仕事をする事による損得勘定の判断がつかなくなる。
(4)やたら、コソコソと会議している。
(5)労働基準監督署からの電話がやたらかかってくる。

出典倒産の予兆

1.経理部長の顔色と従業員への接し方の急変。(いつも、いらついている)
2.社長が不在の日が多くなった。(金を友人に借りに行く。取引先訪問でなく個人的な外出が最近多くなった。)
3.取引銀行へ出向くようになった。あるいは、銀行員が来ても借り入れの話しかしない。借入金の返済期限の延長交渉。返済期限でもめている。

出典倒産の予兆

コンサル会社が入ればまず前兆です、経営者に自信が無い証拠、ISO、原価システム、関係の無い業種に新規参入、これ等が危ない証拠

出典倒産の予兆

普段見慣れない人が事務所や社長室に出入りするようになる。
口座の出納が出る一方になる。
仕事の指示が出なくなる。

出典倒産の予兆

倒産の前兆

「貸借対照表」で借金が多い
「損益計算書」を見て、経常利益が3年以上赤字
「営業活動キャッシュフロー」で、赤字が続いている

支払期日より前に売掛金を回収する
営業会議が多くなる
営業のトップ、経理部長が辞めてい
社長の出社時間が遅くなる

①資金繰りが苦しくなる。
取引先への支払いサイトが延びる、残業代、賞与のカット、福利厚生に関する費用削減、資産の売却などの減少が起きる。

②経営陣が退職し始める。
また社長が不在勝ちになる。

③社内の雰囲気が悪くなる。
書類が乱雑になったり在庫管理が適当になる。

■資金繰りがうまくいかない企業は、こんなほころびが出始める。
http://charger440.jp/200508/contents01/theme01_03.php
1.残業代・賞与がカットされる。
2.社内設備・施設(工場やゴルフ場など)を売却し始める。
3.社員旅行や定例パーティーなどの恒例行事が取り止めになる。
4.経費精算が以前より遅くなる。(あらゆる面で支払サイトが延びる)

■経営陣のこんな様子を見逃すな!
1.(同族企業の場合)親子・兄弟げんかが目立つ。(経営がうまくいっていない証拠)
2.有能な役員が理由を言わずに退職する。
3.(中小企業の場合)社長と社員の距離が遠くなり、社長が現場に全く出向かなくなる。

■一緒に働く従業員は大丈夫?
1.配置転換(特にリーダークラス)が以前より頻繁に起こる。(経営者が立て直しに必死)
2.にわかには信じがたい大口案件の受注、大きな提携話の噂が飛び交うようになる。
3.とにかく売上をのばすのに必死で、上司から「売ってこい!」の命令ばかりが増え、「なぜそうするのか」の説明がなくなる。

■職場の雰囲気からも経営状態をチェック。
1.机の上に書類がちらばり乱雑な状態。(社内の緊張感が欠けている)
2.倉庫の在庫商品が増え、新しいものと古いものがごちゃごちゃになる。
3.あいさつの声が出なくなる。社内の雰囲気が暗い。

取引先の倒産を予知する方法

締切日を遅らせる
現金払いを手形に変更する
手形サイトが毎回長くなる

支払手形の書き替え(ジャンプ)の要請
融通手形を振り出している噂が絶えない
在庫商品を投げ売りしたり、安売りしたりする
従業員の給料の遅配や欠配

経営者が不在がちである(金策などのため飛び歩いていることが多い)
役員の交代や従業員の退職が頻繁にある(会社の経営状況が危機的になると会社に見切りをつけて辞める人が出る)

強力な競争相手の出現
大口仕入先の変更
主要取引銀行の変更
同業者の評判が悪い

1





このまとめへのコメント3

  • ハリマ0さん|2010.12.03

    【倒産の予兆チェックリスト】

    ★社内環境編

    □トップの方針がコロコロ変わり過ぎる
    □中間管理職の異動が激しい
    □管理職、妻子持ちの社員ですらバンバン辞める
    □デキル人から辞めていく
    □ここ数年で銀行出身の役員が増えた

    □残業代が全額カットされた
    □年棒制でもないのに、ボーナスが支払われなくなった
    □各種手当て、福利厚生がカットされた
    □給料が遅れるようなった
    □給料が銀行振込から手渡しに変わった

    □早期退職制度や正社員→契約社員などへの雇用形態変えがあった
    □定年制度が変わった(例:60歳→55歳)
    □正社員が減り、パートやアルバイト、契約、派遣社員が増えた
    □35歳までに出世の目処が立たない
    □内部告発が絶えない

    □中間管理職の休日出勤が増えた
    □役職者がやたらと多い
    □売上高の割に社員数が多い
    □役員、中間管理職による横領があった
    □会社の運転資金にあてるため、役員や中間管理職から借金をしている

    □不採算部門・子会社をいくつも抱えている
    □明らかに無理のありすぎる営業所、支店の統廃合があった
    □知らないうちによくわからない子会社が出来ていた
    □社内で倒産の噂が流れ始めた
    □最近会社のCMや広告を見なくなった

    □社長の姿をあまり見なくなった
    □社長の身内が会社を辞めた
    □弁護士が頻繁に出入りするようになった
    □銀行担当者が頻繁に来社するようになった
    □「社長の知り合い」などを名乗り、よくわからない人が出入りするようになった

    ★営業編

    □明らかに無理のあるノルマを押し付けられる
    □売上高&利益率が下降する一方
    □損益分岐点を無視した値引きをし、商品を乱売している
    □以前と比べると、商品やサービスの質が低下した
    □クレームが増えた

    □業界内で「あそこは危ない」という噂があるようだ
    □大口取引先の倒産があった
    □取引先から掛け取引でなく、現金決済を求められるようになった
    □営業計画が行き当たりばったりなものになり、コロコロ変わる
    □取引先の未払いがあった場合、自腹を切るように言われた

    ★経理編

    □経理担当者の残業、休日出勤が増えた
    □経理・財務の役職者が突然辞めた
    □経理責任者が変わった
    □顧問税理士が辞めた
    □明らかに経理に無理、無駄、ムラがある

    □社長と経理との会議が増えた
    □取引先への支払条件を変えた
    □粉飾決算をやっているような様子がある
    □短期借入金、街金からの借金が増えた
    □メインバンクが変わった

    □取引銀行が増えた
    □手形の支払期日を延ばしている
    □退職金の積立金を操作した形跡がある
    □税務署、社会保険庁の訪問、電話が多い
    □銀行からの電話が増えた

  • ハリマ0さん|2010.12.03

    経営危機管理の75のチェック・リスト

    1.従業員の行動のチェック・リスト(人の動き)

    1..経営者の補佐役が不審な行動をするようになった
    2.幹部社員が退職した
    3.人員が最近、大幅に増減した
    4.女子社員が集団で退職し始めた
    5.職場では規律が乱れ、従業員に覇気がない
    6.社員に伝言を頼んでも、きちんと伝わらない
    7.社員の使い込み、背任事件が発生した
    8.労使紛争や派閥争いを耳にするようになった
    9.社内で、配置転換が頻繁に行われている
    10.社員が、自社の悪口やグチを言うようになった
    11.社内の横の連絡が悪くなり、仕事上のミスが増大しつつある
    12.経理責任者が、月末になるとなかなかつかまらない
    13.社員は平均年齢が高く、現場の人間に比べ内勤者が多い
    14.給料は、同業他社に比べ高すぎたり、低すぎたりする
    15.社員の言葉遣いや態度が悪くなった
    16.経理担当者がしばしば交代する

     

    営業活動上のチェックリスト(物の動き)

    1.商品・製品が、市場のニーズに適応していない
    2.企業規模に比べ、過剰な設備投資や遊休設備がある
    3.工場・営業所の縮小・閉鎖が最近、行われた
    4.納入業者が一定しなくなった
    5.仕入れ品の値ぎめ、検品が甘くなった
    6.納入業者への注文の出方が、不規則になった
    7.得意先への納期が守られなくなった
    8.在庫管理が出来ていない上に、商品在庫も急増している
    9.商品及び製品にクレームが多発、返品管理もままならない
    10.商品や製品の販売先が安定しない
    11.仲間内での取引(グループ会社間取引)が急増した
    12.本業外の商品扱いが増え、目先の利益を追いかけている
    13.仕入れ商品量に急増・急減があった
    14.在庫商品の投げ売りが始まった
    15.取引先で悪評が流れている
    16.宣伝活動が、派手に行われている

     

    3.財務内容に関するチェックリスト(お金の動き)

    1.手持の手形は、全部割引かれている
    2.決済が、現金から手形に変わったり、手形サイトが長期化した
    3.自己資本が小さく、多額の借入金がある
    4.手形を受取ったが、裏書人に聞き慣れない名前があった
    5.手形が、一定の支払日以外にも切られるようになった
    6.手形取引につき、融通手形のウワサを聞く
    7.主要な取引銀行が急に変わった
    8.資金が詰まり、親戚、友人及び知人に借金をしてまわっているとのうわさを聞く
    9.主要な不動産が処分された
    10.不動産には、担保設定が多くなり、その設定時期が集中している
    11.役員貸付もしくは使途の明らかでない多額の貸付金がある
    12.担保設定者の中に、個人名、または仕入れ先の担保がみられる
    13.債権者に担保権の譲渡があった(債務者の業況悪化から担保がタライ回しされることがある)
    14.不動産に所有権移転の仮登記・差し押さえがある
    15.重要な販売先の倒産で、大口の不良債権がある
    16.取引先の、あるいは友人及び知人の会社の「債務保証」をしている

     

    4.社長の経歴・性格・行動のチェックリスト(経営者の資質)

    1.社長は、ワンマンで後継者を養成しない
    2.社長は、健康状態がすぐれず、入退院が多い
    3.社長は、最近留守がちになった
    4.社長は、公私混同が激しい
    5.社長は、最近、服装・生活が派手になった
    6.社長は、壮大な事業計画ばかりを語り始めるようになった
    7.社長は、私生活の乱れがウワサされ、夜の接待が増えた
    8.社長は、倒産歴がある
    9.社長は、個人資産に余力が少ない
    10.社長は、名誉職に凝り過ぎている
    11.社長は、宗教活動に熱中し過ぎている
    12.2代目社長は、人望も力量もない
    13.社長は、人の忠告を聞かなくなった
    14.社長は、約束を破ることが多くなり、応答にウソが増えてきた
    15.社長の友人・取り巻き連中には、よからぬ評判の人物が集まっている
    16.社長は、人脈を持っていない
    17.社長には、御意見番がいない

  • ハリマ0さん|2010.12.03

    倒産の兆候チェック(会社健全度チェック)

    倒産寸前!ヤヴァイ会社の特徴~アナタの会社は大丈夫?~
    チェックリスト さあチェックしてみよう!
    (チェック2つ以内=まだOK、4つ=うっ!、6つ=ゲロヤバ、8つ以上=5年以内に倒産)

    ・陰険なイジメ、嫌がらせ、各種ハラスメントが蔓延
    ・この数年で社員数が激減した
    ・最近、社内に見たことも無い香具師がウロウロしてるのを見かけた
    ・入社の意思表示をして初めて条件を提示する(都合の悪いところは隠し、騙して入社させる)
     例:「サービス残業は禁止です。さて、コレは雑談ですが、皆遅くまで頑張ってるんだよなぁ・・
        というような事実上のサービス残業の教唆・勝手な解釈=違法行為」
    ・社内で違法コピーソフトを使いまわしている
    ・虚偽求人を載せている(例:「残業なし」→実態はサービス残業あり等)
    ・派遣を無試験でコネ入社させている
    ・体力に不相応な社屋の建設
    ・サービス残業を(顕在的にせよ潜在的にせよ)強要する(残業代未払い)
    ・ズサンな文書管理
    ・経理の人間がやたら遅くまでサービス残業
    ・仕事を牛耳ることによって自分を保つ馬鹿が沢山
    ・外資系でも無いのに○○リーダーなどという呼び方に変わった(実態は何も変わっていない)
    ・机や椅子が昭和40~50年代製(椅子はキイキイ・机はIT未対応・色は灰色)
    ・専門職(呼び方は色々)などという無責任高収入職位が出現した。高い収入を得るも責任は無いなどというフザけた制度
    ・社内にミニ社長気取りが乱立してる(例:総務のヒラが長くいるということだけで院政をひく)
    ・管理職クラスの不可解な人事異動(例:営業課長20年→いきなり総務課長 など)
    ・取引先銀行からの電話が増え、銀行担当者が良く顔を出す 
    ・給与遅配が起きる

    そしてこのような傾向が見られたら、アナタの会社は必ず倒産します。

    ・本社の中枢から短期離職者が出た


    君の会社は、いくつ当てはまった?

1