出典 M7421さんがアップロード

デルブーフ錯視

デルブフ錯視ともいう。
2つ合同な円を描き、片方には外に大きな同心円、もう片方には外に小さな同心円を描くと元の円の大きさが異なって見える錯視。大きさが極端なほど錯視も顕著になる。応用として図形の中から別の図形をくりぬくと、くりぬいた部分が大きく見える。円以外に他の図形(正多角形など)でも発生する。

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る