1. まとめトップ

【マック鈴木の近況について】鈴木誠 関西独立リーグの選手兼任監督退任 現役引退後、小原正子と結婚

元メジャーリーガーのマック鈴木の真実 ⇒高校入学9ヶ月で他校生とケンカ、3週間逃げていたが、学校にパトカーが来て、即退学。父親にアメリカに飛ばされてメジャーリーガーに

更新日: 2014年09月30日

2 お気に入り 158429 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

-聖少女-さん

元大リーガーのマック鈴木氏(39)と結婚した「クワバタオハラ」の小原正子(38)が妊娠5カ月

5月31日に元大リーガーのマック鈴木氏(39)と結婚した「クワバタオハラ」の小原正子(38)が妊娠5カ月であることが分かった。

日本プロ野球を経験しないでメジャーリーグ入りを果たした初の選手

元メジャーリーガーのマック鈴木の真実

●渡米理由に「夢を追って」と言っていたのは適当なウソ
●野球の名門校に入ったが、高校入学9ヶ月で他校生とケンカした
●3週間逃げていたが、ついに学校にパトカーが来て、即退学
●編入や社会人入りも検討したが、検討中に2度のケンカ事件
●その結果、父親にアメリカに飛ばされた
●サリナスという1Aのチームの職員として仕事をしに行った
●洗濯係やバッティングピッチャーをしていた
●あるとき登板機会をもらい、好投したことでプロ選手に
●最初の給料は月に500ドル
●マイナー時代はバスで寝たり、ケンカしたり大変だった
●20歳でメジャーに昇格し、年俸900万円に
●最高で3200万円まで上がった

滝川第二高等学校在学中に学外で喧嘩をするトラブルを起こして高校を中退

滝川第二高等学校在学中に学外で喧嘩をするトラブルを起こして高校を中退し、その後、他校への編入や社会人野球などへの転向を考えたが、その間にもさらに2件の喧嘩事件を起こした。そこで父親と知人の紹介で団野村からアメリカ留学を勧められ渡米

1992年に野村が経営に関与する1Aサリナス・スパーズに球団職員兼任練習生として参加。ボールボーイや洗濯雑用係などを務める。

1996年7月7日にメジャーデビューを果たし、村上雅則、野茂英雄に次ぐ日本人3人目のメジャーリーガーとなった

2011年1月26日、日本の関西独立リーグに新規参入する球団の監督就任が有力となっていることが明らかになり 、翌27日に新球団(神戸サンズ)の選手兼任監督となることが発表された。同年シーズン終了後、退団

引退後テレビや新聞等で名前を見かけることも

関西独立リーグ退団・・・現役は続行する意向

あの人は今…マック鈴木「韓国はまだ 最後はイタリアもいい」

「野球ができる間は(現役を)やってもいいですかね。まだ韓国でやったことがないですし、最後はイタリアに行くのもいいですね」。野球への情熱がある限り、プロリーグ“世界制覇”も夢ではなさそうだ

マック鈴木 2011年1月26日、日本の関西独立リーグに新規参入する球団の監督就任が有力となっていることが明らかになり 翌27日に新球団の選手兼任監督となることが発表された。

マック鈴木 2007年、東北楽天ゴールデンイーグルスの入団テストを受けるも不合格(このテスト時にグローブを持参せず。親交のあった楽天の小山伸一郎に借りて臨んだ)。ひげなどの身だしなみを楽天監督の野村克也に注意される場面もあった。

出典マック鈴木

マック鈴木 オリックス退団後、再びアメリカに渡る。2005年12月にオークランド・アスレチックスとマイナー契約を結び、招待選手としてメジャーのキャンプに参加するも、オープン戦で結果を残せずマイナー降格。

出典マック鈴木

マック鈴木 1996年7月7日にメジャーデビューを果たし、村上雅則、野茂英雄に次ぐ日本人3人目のメジャーリーガーとなった。日本プロ野球界を経由しない初の日本人メジャーリーガーであり、アメリカンリーグ初の日本人メジャーリーガーでもあった。1998年にメジャー再昇格し、初勝利。

出典マック鈴木

滝川第二高等学校在学中に学外でトラブルを起こして高校を中退し、知人の紹介で団野村からアメリカ留学を勧められ渡米する。1992年に野村が経営に関与する1Aサリナスに練習生として参加。ボールボーイや洗濯雑用係などを務める。

出典マック鈴木

マック鈴木(マックすずき、本名:鈴木 誠(すずき まこと)、1975年5月31日 - )は、兵庫県神戸市出身のプロ野球選手(投手)。

日本プロ野球を経験しないでメジャーリーグ入りを目指した初の選手として知られる。

出典マック鈴木

1 2