資本論

http://ec2.images-amazon.com/images/I/513SNRFW82L._SL500_AA300_.jpg

カール・マルクスの著書で、ドイツ古典哲学の集大成たるヘーゲルの弁証法の批判的継承、古典派経済学の批判を通じて、資本主義的生産様式、剰余価値の生成過程、資本の運動諸法則を明らかにした。サブタイトルは「経済学批判」

1867年に第1部が初めて刊行され、1885年に第2部が、1894年に第3部が公刊された。第1部は、マルクス自身によって発行されたが、第2部と第3部は、マルクスの死後、マルクスの遺稿をもとに、フリードリヒ・エンゲルスの献身的な尽力によって編集・刊行された。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

新入生必見! 大学生のうちに読んでおくべき本

大学生活は、一生のうちでもっとも充実していて、余裕のあるといっても過言のない時期。 そんな時期を合コンやサークルだけで終わらせるなんてもったいない! 時間があるから本を読め!! 一生の糧になる…かもしれない、そんな本を紹介していきましょう。

このまとめを見る