1. まとめトップ

バンドやユニットの解散コメントのまとめ

惜しまれつつも解散したバンドの解散コメントを集めました。椿屋四重奏、ミドリ、ゆらゆら帝国、JUDY AND MARY、THE YELLOW MONKEY、GOING STEADY、BLANKEY JET CITY、レベッカ、BOOWY、DOPING PANDA他。

更新日: 2014年10月27日

79 お気に入り 800487 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

katozouさん

2014年に解散

THE BOOM
『流行に流されることなく、新しく普遍的な音楽を探し求め、宮沢、小林、山川、栃木はTHE BOOMとして歩んできましたが、今年5月21日のプロデビュー25周年を目の前にして、ふと立ち止まってみると、この4人でやれる事、やるべき事は全てやり尽くしたのではないかという思いが心を支配するようになりました。
そして、その声に頷く自分達がありました。
THE BOOMは2014年の12月をもちまして活動を終了し解散いたします。
結成から数えて28 年もの間、多くの方々の応援、ご協力があってここまで歩いてくることができました。
心より感謝申し上げます。
たくさんの、本当にたくさんの愛とぬくもりに包まれ、僕たちは日本一幸せなロックバンドでした。』 by THE BOOM

■THE BOOM
1986年11月結成された、宮沢和史、小林孝至、山川浩正、栃木孝夫の4人によるバンド。
1993年に『島唄』、1995年に『風になりたい』などの代表曲がある。

2014年3月31日に公式ウェブサイトにて、2014年12月いっぱいで解散することを発表しました。

SOUL'd OUT
『残念です。SOUL'd OUTに全てを注ぎ、拘ってきた11年でした。
ここまで支えてくれて、SOUL'd OUTの音楽を理解し応援してくれた本当のファンのみんな、関わって下さった全てのスタッフの方々には、感謝の気持ちでいっぱいです。
いつの日か、この決断が前向きだったと思えるよう、今度はそれぞれに、新たな音楽LIFEを築いていこうと心しています。ありがとうございました』by Diggy-MO' , Bro.Hi , Shinnosuke

■SOUL'd OUT
日本の2MC+Trackmasterのスリーピース音楽ユニット。

2014年1月30日に、Shinnosukeから脱退表明があり、メンバー間で話し合いを重ねてきたとのこと。しかしSOUL'd OUTとして3人での活動が続行できない現実を受け止め、解散という結論に至った。7月19日 東京・新木場STUDIO COASTにてラストライブを行う。

2013年に解散

girl next door
「girl next doorとしての活動と、自分が選んだ人とのこれからを考えたとき、果たして両立ができるのか・・・本当に悩みました。でも不器用な私なので、きっとどちらかが中途半端になってしまう。そんな時、応援してくれるみんなと100%の自分で向き合えないのは失礼だなって。だから私は、自分が選んだ人を支える事に専念します」 by 千紗

■girl next door
千紗、鈴木大輔、井上裕治の計3人で構成される日本の音楽ユニット。略称: ガルネク、またはGND。

ボーカルの千紗が北島康介選手との婚約を機に、解散ライブを最後に芸能界を引退することを決め、2013年09月03日、デビュー5周年の節目の日に解散報告を発表しました。
2013年12月8日東京・SHIBUYA-AXで行われるライブをもって解散となります。

andymori
『どんな言葉をつむぐべきなのか一週間くらい考えていたのですが、うーん 難しい!
6年間、このバンドに情熱を注いできて、やれるだけのことをやりきったという気持ちなのです。
andymoriはたくさんの人に愛してもらえた。幸せな時間でした。』by 小山田壮平

■andymori
小山田 壮平、藤原 寛、岡山 健二のスリーピースバンド。初期メンバーのドラムは後藤 大樹だったが、2010年11月27日脱退。2010年12月2日から岡山 健二が加入しました。

ほとんどの楽曲の作詞・作曲を小山田が担当。
2013年5月27日、オフィシャルサイトで2013年9月24日の日本武道館公演「andymori ラストライブ 武道館」をもって解散すると発表されました。

GARNET CROW
『GARNET CROWとしてすべてのことを出し切りました』 by 中村由利

■GARNET CROW
中村由利、AZUKI七、岡本仁志、古井弘人の男女2人ずつの4人で構成されたバンド。
全作曲を中村由利、全作詞をAZUKI七が担当していました。
1999年に結成され、2000年にメジャーデビュー。2013年3月30日に2013年6月9日をもって解散することを発表しました。

FUNKY MONKEY BABYS
『(前略)本日、皆さまにお伝えしなければならない事がございます。
ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、DJケミカルの実家はお寺であります。
この度、DJケミカルはその実家であるお寺の住職になる為の準備に入ることになり、これまでのように音楽活動を続けることが困難になりました。
メンバー、スタッフ全員で何度も話し合った結果、やはりDJケミカルのいないFUNKY MONKEY BABYSはFUNKY MONKEY BABYSではないという結論に達しました。(後略)』

ファンキー加藤、モン吉、DJケミカルによる2人のボーカルと1DJの音楽グループ。
メンバー全員が東京都八王子市出身。シングルのイメージに合う有名人を選び、ジャケットの顔写真と同曲のプロモーションビデオに起用するのが特徴である。

2012年11月29日にオフィシャルサイトにて2013年の全国ツアーをもって解散することが発表されましたが、同年12月19日に、2013年6月1日(土)・2日(日)の2日間、東京ドームで解散コンサートを開催することを発表しました。

Wyolica
『14年間Wyolicaを愛してくれて、皆さん本当にどうもありがとうございました』

azumiとso-toの2人組音楽グループ。
1997年結成。1999年5月21日、シングル『悲しいわがまま』でデビュー。
2013年5月31日、東京・渋谷JZ Bratにて行われたAzumiのソロライブ第1部のアンコールで、Azumi本人がWyolicaを解散することを発表しました。

m.o.v.e
『15年以上もの間、私達を好きでいてくれたことへの感謝、出会ったたくさんの人への愛情や思い出、本当に多くの想いが今の私の中にはあります。15年から先の新たな挑戦に向けて、私たちは多くの話し合いを重ねてきました。そしてこれが、今の私たちが出した結論です。みんなはこれを聞いてなんて思うのかな…怒られるかな…悲しまれるかな…私たちだけじゃなく、みんながいて m.o.v.e。一緒にいっぱい、騒いだね。本当に楽しかった。幸せだった。(後略)』 by yuri

yuri、motsuによる2人組の音楽グループ。元メンバーにはt-kimuraがいた。
moveというグループ名の由来は「一つの音楽性に落ち着かず、つねに何かを追い求める」。
2012年12月8日に2013年3月のライブをもって解散すると公式サイトで発表。
2013年3月16日に行われた「m.o.v.e The Last Show ~Champagne Fight~』を持って解散しました。

2012年に解散

ステレオポニー
『今までステレオポニーを応援してくれた皆さまへ
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ステレオポニーのギターボーカルで居られた時間は私の宝物になりました。
これからは、それぞれの道に向かって頑張っていきます。
心からありがとうございました。』AIMI

AIMI、NOHANA、SHIHOによるスリーピース・ガールズ・ロックバンド。
2012年10月2日に公式サイトで「ステレオポニー解散のお知らせ」を発表。
同年12月27日に東京・赤坂BLITZでラストライブを行いました。

フーバーオーバー
『いつも応援有り難うございます。この度、フーバーオーバーは2012年12月9日のライブをもちまして解散することとなりました。
これまで応援してくださったファンの皆様には本当に感謝しております。
12年間ありがとうございました。
最後のリリース、そして残りのライブ、全力で楽しみたいと思います』

岩沢正美、遠藤ナオキ、阿部元、宮崎喜生による文学作品に影響を受けた歌詞が特徴の4人組ロックバンド。
2000年に岩沢正美を中心に結成されました。
2012年7月28日にオフィシャルサイトにて年内にて解散することを発表。
2012年12月9日の東京・下北沢GARDENのライブをもって12年間の活動に幕を下ろしました。

ハヌマーン
『解散するということも、続けていくということも何も考えられなくなって1年半前に無期限活動休止という形をとらせていただきました。でもこれをいつまでも続けていくことはできないと思いまして、3人で話し合った結果、解散することにしました』 by山田亮一

山田亮一(ボーカル、ギター)、大久保恵理(ベース)、平尾正和(ドラム)によるスリーピースバンド。
2009年7月8日に1stフルアルバム、2010年6月9日に2ndミニアルバムをリリースしましたが、2011年3月27日に活動休止を発表。2012年8月3日にホームページで解散したことを発表しました。

School Food Punishmen
『この度、School Food PunishmentはVo.内村友美の脱退につき、解散することとなりました。活動再開を心待ちにしていてくださった方々には申し訳ありません。
今まで支えていただいて、本当にありがとうございました。』

ギターボーカルの内村友美、キーボードの蓮尾理之、ベースの山崎英明、ドラムの比田井修によるバンド。
2004年に内村友美を中心にして結成。2009年にメジャーデビュー。
2012年2月1日より活動を休止、同年6月11日に内村友美の脱退に伴い解散しました。

Psysalia Psysalis Psyche
『お前たちは最高に運がいい・・・今日でサイサリは解散する』

2005年内田紫穏(Vo)、松本亨(Gt)、上條展弘(Ba)、Mr.R(Key)により結成される。
2006年に宮内告典(Dr)がバンドに加入。2007年にMr.Rが脱退しました。

2012年5月11日に渋谷CLUB QUATTROにて行われたライブにて解散を発表しました。

DOPING PANDA
『僕の中にある明確な解散理由はこのスタジオで過ごした2年間に対する強い想いです。インディー、メジャーを通じた12年間で他に比較できないほどあの場所で過ごした音楽密度は濃く、「ここから同じ密度を持ってドーパンの音楽をつくれないとわかっていながらやり続けることはできない」という想いは、3人の共通した考えでもありました。そしてまた、それぞれが音楽家としての自覚を増したことで、結果として個々人に新たな目標が見えて来たことも、ある種皮肉ではありますが、道を分けて進んでいくにいたった大きな理由の一つです』 by 古川裕

YUTAKA FURUKAWA、TARO HOUJOU、HAYATOによるスリーピースロックバンド。
略称は「ドーパン」、「パンダ」。1997年結成。

2012年1月28日午前10時、同年4月19日のライブをもって解散することを発表しました。

GO!GO!7188
『バンドとしては、まだまだ成長過程だったと思いますが、私はこのバンドにおける自分の役割に限界を感じ、日に日にその思いが強まって、これ以上GO!GO!としてステージに立ってはいけない、と感じたことが今回の決断の理由です。』by ユウ

ユウ、アッコ、ターキーによるスリーピースバンド。
2000年6月28日メジャーデビュー。
ツアー名はひらがな4文字が慣例となってました。ライブでは、アンコールの掛け声が「ブッサイク!ブッサイク!」とユニーク。ツアーではボーカルのユウ直筆のアンケートが配布されるのも有名でした。

2012年2月10日にボーカルのユウが脱退することに伴い解散を発表しました。

1 2 3 4