1. まとめトップ

東日本大震災で全世界からの日本人に対する称賛

海外メディアは苦難な状況に耐えて立ち向かう日本人の気質・精神に対して称賛の報道をしています。ここではそれらの報道を単に喜ぶのではなく、ましてや自慢・驕りとして捉えるのではなく、全世界から見習うべきであるとして注目されている事象をまとめます。

更新日: 2011年11月22日

79 お気に入り 474173 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

鎌倉太郎さん

2011年3月の東北・東日本大地震では日本は多大な被害を受けました。非常に困難な状況で苦しい中でも、全世界の支援を受けながら日本人として救援と復興に向けて始動しています。
海外メディアでの称賛を単に喜ぶのではなく、我々日本人が意識しないで行動しているが、(自国民への向上ポイントであると捉えて)全世界から注目されている点を認識する意味でまとめています。
今後日本人として恥ずかしくない行動をする上でこれらの点を参考とし、復興に向けての励ましの言葉と受け止めたい。

【追加:2011・11・22】米国投資家が復興状況から日本企業の技術力・生産性の高さを賞賛
【追加:2011・09・08】「フクシマの英雄」にスペイン「共存共栄賞」
【追加:2011・07・13】福島3高校「相双連合」への注目
【追加:2011・06・21】ペルー出身のノーベル文学賞を受賞した作家マリオ・バルガス・リョサ氏記者会見
【追加:2011・03・19】ソニー会長の米紙への寄稿を追加

海外メディアでの報道ポイント

2011年11月21日に初来日した米投資家のウォーレン・バフェット氏のインタビューで、・・・日本の技術力と運営効率の高さを強調。・・・大震災から8カ月が過ぎて、「日本は世界に強さを示した」とし、被災したタンガロイがいち早く工場復旧に成功した例をあげて、日本企業の生産性の高さを称賛した。

・・・「日本を訪れると、人々のエネルギーと臨機応変の才に心を打たれる。人的、物質的に被った被害は甚大だが、歴史を通じて地震を切り抜けてきた経験、特に1923年の関東大震災と95年の阪神・淡路大震災を切り抜けた経験は、何物にも代えがたい。失った命を取り戻すことはできないが、街や村は再建され、田畑はよみがえるだろう」
(英紙デイリー・テレグラフ)

・・・「今回の地震で、日本国民が受けた悲しみや傷ははかり知れないほど。しかし、その悲しみを抑えようと努める姿に、『やっぱり日本だ』という言葉がおのずと出る」とし、「最悪な状況でも泣きわめきはしなかった」・・・
 被害状況や被災地の様子について、確認された情報だけを伝え、遺体や遺族インタビューをあまり取り上げない報道の仕方にも称賛の声があがった。メディアは「不必要に刺激的な映像は、事態の収拾に役立たないという日本のマスコミの慣行は、最悪の惨事でも維持されていた」と論じた。
(韓国メディア)

「お先にどうぞ」「いえ、私は大丈夫です」―。・・・被災地の住民たちが譲り合いの精神を忘れずに対応し、怒号が飛び交うこともなかったと称賛する現地ルポを伝えた。
 地震で停電した秋田市内のホテルでは非常食としてうどん10杯が用意されたが、約50人の宿泊客らは先を争うことなく、互いを気遣ったと紹介した。
 こうした冷静な行動は、他人への「迷惑」を避けようとする独自の文化によるものだと分析。被災地での略奪は一件も伝えられていないことに加え、津波に人が巻き込まれる場面を放映しないなど、報道機関も被災者に配慮していると指摘した。
(韓国・中央日報)

・・・「敬意と品格に基づく文化だから」「愛国的な誇り」との分析や、「自立のチャンスを最大限に活用する人々で、 進んで助けたくなる」とのエールも寄せられた。
(CNNテレビ・視聴者から)

本文へのリンク集

1