1. まとめトップ

今だから知っておきたい「ボランティア」の心得【東日本大震災】

「迷惑で邪魔だった」と、乙武さんのツィッターで、一部の災害ボランティアに苦言をしたのも記憶に新しい…。被災者にとって1番必要な「助け」とは何なのでしょうか?義捐金、支援物資・物資援助だけではなく、現地に赴いてボランティア活動で気をつけておきたいこととは?

更新日: 2011年03月21日

4 お気に入り 7977 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

「ボランティア」の心得として守るべきこと・確認しておくべきこと

人から感謝されることを楽しみに、ボランティア活動をしないで下さい。

出典ボランティア活動で確認しておきたい事

被災者の気持ち1番に考えてこそ、真のボランティア。
自分の快楽はしまっておいて下さい。

とにかく、自分にできることなど何もないことを受け容れることが必要です。

被災地では、想像を絶する世界かもしれません。
覚悟のない人は、行く前に確認しましょう。

ボランティア活動の選り好みをしないで下さい。

汚れ仕事やしんどい仕事は何かと言い訳しながら

野次馬感覚で、現地に向かわないで下さい。

出典ボランティアの心得

それでは、被災者の助けにはなりません。

自己満足の為だけで、現地に赴かないで下さい。

出典ボランティアの心得

そんな気持ちが、被災者に通じてしまって、さらなる傷を負わせることになります。

ボランティア精神があれば、個人でもできること

呼ばれでもしないかぎり、絶対に被災地に行かないこと

被災地から出ようとする人、入ろうとする支援部隊や家族でアクセスはただでさえ大混乱ですから非常に邪魔です。

増税を受け容れること

政府の大規模な財政出動に理解を示すこと

プロが呼びかけるボランティアや募金に参加すること

参考サイト

1